GPSSホールディングス株式会社

GPSSグループは、太陽光、地熱、風力、小水力、バイオガスをはじめとする再生可能エネルギー分野で、再生可能エネルギーによって生じる発電コストを従来の電力コストと同等もしくはそれ以下にするとともに、100%再生可能エネルギーの持続可能な社会の実現を目指しています。
 
GPSSグループのこだわりは、その土地、その環境、その経済で生きる人にとって最善の選択となる「自然エネルギーのベストミックス」。ファイナンスからメンテナンスも含めた力強いパートナーシップを約束します。

電気・ガス・水道
person_outline 0 フォロワー

こんなことをしています

■太陽光発電事業
作業効率とコストのバランスを考慮しながら、必要部材の選定と最新の設計・施工技術の導入を推進し、太陽光の発電コストを下げるための高効率な電源創設を行っています。
 
■地熱発電事業
自給可能な数少ないクリーンで安定的なベースロード電源として、低エミッション化とエネルギー自給率向上という国家のマクロ政策にも貢献しています。

■風力発電事業
開発、建設、ファイナンスの各分野で10数年の経験がありかつ成功している効率性の高い欧州モデルを導入することによって、事業化の速度を高めていきます。

■小水力発電事業
地域の恒久的な財源の創出も目的に、可能な限り地域との共同事業という形で小水力発電の事業化を行います。

■バイオガス発電事業
基本的には自社でEPC(設計・調達・建設)を行いながら、設備投資水準の低減を行うことで、現状では事業化が難しい案件も組成及び事業を行います。


ダイバーシティへの考え方

社員⼀⼈ひとりが、より仕事を効率化できる環境、アウトプットしやすいワークスタイルを提案しています。役員を含め年齢に関係なく社員同⼠をニックネームで呼びあったり、オフィスのリラックススペースに遊び⼼を⼊れたりと、⾃由な⾵⼟があります。また、JobRainbowの提供する、管理職の方を対象としたLGBT基礎研修を受講済です。研修後、社内で一部にカミングアウトして下さった当事者の方もいたとのことです。
 
誰もが積極的に事業に向き合う⾵⼟をつくり出していくために、社⻑⾃らが全社員と面談し、社員⼀⼈ひとりの声を集めて、会社の運⽤に具体的に活かしています。
多様なバックグラウンドのメンバーが働きやすくなる意見は積極的にとりいれ、時差出勤制度の導⼊や婦⼈科検診費⽤の負担についても、社員からの声がきっかけとなり制度化しました。
 
また、35歳以下のメンバーのみで構成された新しい会議体「GPSS U35」を発⾜。
GPSSが進む未来に新しく幅広い意⾒を取り⼊れるべく、次世代を担う社員が、今のGPSSの課題、そしてGPSSが5年後・10年後に⽬指す形を定期的に議論しています。


行動宣言

差別禁止規定

経営トップメッセージ

LGBTへの社会貢献

LGBT向けの採用イベント出展

研修

研修受講済み(人事)

研修受講済み(役員)

研修受講済み(管理職)

研修受講済み(全社員)

人事制度

同性パートナーシップ制度

手術休暇

性自認に合わせた施設利用

LGBT相談窓口

当事者コミュニティ

カミングアウトしている社員

トランスジェンダーの社員

当事者コミニュティあり

社内のアライの活動あり

働き方

服装・髪型の自由度が高い

男女別の制服無し

通称名使用OK

強制の転勤無し

Diversity!

女性活躍

外国人活躍

障がい者活躍

シニア活躍


会社情報

業種
電気・ガス・水道
所在地
東京都港区芝2-5-10芝公園NDビル6F
設立年月日
2012-10-01
従業員数
143
会社URL
http://gpss.jp/

似ている企業

北陸電力株式会社

経営する上での活力である「パワー」と、知的サービスと知識・技術である「インテリジェンス」を兼ね備えた総合エネルギー...

東京ガス株式会社

東京ガスは、エネルギーの自由化や省エネルギーの進展など、エネルギー事情が時代の流れに合わせて激変するなか、133年...

大阪ガス株式会社

大阪ガスは、サービスを第一に、「暮らしとビジネスの”さらなる進化”のお役に立つ企業グループ」を目指し、4つの価値創...