利用者数No.1
LGBTQ+ 転職・就活サイト
注目のLGBTフレンドリー企業
LGBTQ+

利用者No.1

累計利用者数100万人突破のJobRainbowだから安心して就職できます
ひと目でわかる

働きやすさグラフ

企業において同性パートナーシップが認められているか、性自認にあったトイレや更衣室が使えるかが一目でわかります
あなたにあわせた

最適なスカウト

LGBTに対して理解ある優良企業や、キャリアサポー ターから採用スカウトを受けることができます
JobRainbowの紹介
5分でかんたん
無料登録
JobRainbowだけのレインボー履歴書を作成できます
check_circle
本名やセクシュアリティなど個人が特定される情報は非公開にすることができます
check_circle
カミングアウトの有無や通称名、トイレ更衣室の利用方法まで選べます
気になる企業を
いいねやフォロー
AIが貴方の興味を学習し、貴方だけのおすすめ求人や企業が推薦されます
check_circle
貴方のいいね!によって企業の取り組みを応援することができます
check_circle
いいねやフォローをすればするほど、スカウトされる可能性が高くなります
気軽に人事と
チャットで連絡
スカウト承認または応募するまで個人が特定される情報は完全非公開です!
check_circle
気になる企業に気軽に応募、マッチングしてからチャットがスタートします
check_circle
LGBTに理解ある人事が対応します
成功体験談

おおちゃんさん(30代)
トランスジェンダー(FtM)
営業

20代後半で性別適合手術を受け、性別を女性から男性に変更しました。
しかしながら、「LGBTの当事者」というだけで企業に履歴書すら送ることができなかったり、内定を取り消されることもありました。そんな時にJobRainbowに登録したことで、複数の企業と面接のチャンスをゲットでき、その中でも社長面接で意気投合した企業から内定をもらいました。
現在はダイバーシティに理解のある人材系スタートアップで営業のマネージャーをしています。LGBTフレンドリーと謳ってはいるものの、ホルモン注射のために出勤時間をずらせたり、セクシュアリティについてセクハラや偏見などがないだけで、それ以上の特別扱いもなく、ある意味自分がトランスジェンダーであるということも全く意識せずに自然体でのびのびと働けています。

ひろはさん(20代)
トランスジェンダー(MtF)
エンジニア

前職は大手自動車メーカーで、工場勤務をしていました。そこでは「男性」として入社していたため、トイレや更衣室は「男子用」。しかし服装や髪型を含め「女性」の格好をしていたため、周りの社員から驚かれたり「オカマがいる」と言われたこともあります。上司に相談をしましたが受け入れて貰えず、周りにも相談できず苦しかったです。
そして幅広い仕事に挑戦したいと思って転職活動をしていた中で、JobRainbowに出会いました。面接をした企業はどこも自然体の自分を受け入れてくれ、複数企業で内定を貰う事もできました。WEBエンジニアで未経験から育ててくれる企業に就職し、今は女性として女子トイレを使っていますし、ホルモン注射のための通院に応じて勤務時間もずらして貰えるなど、余計な気を使わず”仕事”に集中ができる環境です。また同僚や上司に相談したいことがあったらすぐ言える環境なので、円滑にコミュニケーションが取れるようになりました。仕事のパフォーマンスも上がったように思います。皆さんも怖がらずに一歩を踏み出してみてください!

すぐるさん(30代)
ゲイ
デザイナー

デザイナーとして10年近くキャリアがありましたが、さらに自分を試したいと思ったのが転職のきっかけでした。
今まで仕事上で、セクシュアリティで悩むということは少なかったかもしれませんが、ゲイであることがネックになって仕事に影響していたのは否めません。例えば以前は職場でカミングアウトをしていなかったので、「彼女はいないの?」などの質問には、ただただ自分を偽ることしかできませんでした。仕事をする上で、職場の雰囲気は大事な要素になってきます。だから、次に転職するならLGBTフレンドリーでかつ風通しのいい会社を選びたいと思いました。
JobRainbowではすぐにLGBTフレンドリー企業を見つけることができました。今の職場は、様々なバックグラウンドを持った人がいて、もちろんLGBTに対しての偏見もなく、やりたいことに多くの時間を費やせて楽しく働いています。

おすすめの求人
よくある質問
LGBTと就職って何の関係があるの?

LGBT全体の場合、面接でカミングアウトした結果「帰ってくれ」と言われるなど、選考の段階で差別的な取り扱いを受けることがあります。
就職したあとも、LGBTに関する知識や啓発不足からハラスメントを受けたり、小さなストレスの重なりによって生産性が下がるなどの課題があります。

また、「性的指向」にかかわるセクシュアリティの場合(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル等)、たとえば、社内のパートナーシップ制度次第で受けられる福利厚生や給与が変わってきます。
また、転勤の際に同性のパートナーも考慮されるのか、といった点でも関係があります。

他方、「出生時の性・性自認」にかかわるセクシュアリティの場合(トランスジェンダー等)、トランスジェンダーの人といっても状況はさまざまですが、たとえば性自認に合わせた更衣室やトイレの利用を希望したり、性別適合手術のための休暇や入通院への配慮が必要であったりします。

このように、LGBTと就職には深い関係があるのです。

「LGBTフレンドリーな企業」って?

当事者がカミングアウトしている・していないにかかわらず、LGBTが働きやすい職場づくりに取り組んでいる企業を「LGBTフレンドリーな企業」と呼んでいます。

たとえば、次のような取り組みが挙げられます。

- 婚姻関係にかかわらず同性パートナーもパートナーとみなす、制度の包摂的な運用
- 性自認や性的指向に関するハラスメントを防止するための研修受講
- カミングアウトせずに相談できる窓口や、相談があった際に使うマニュアルがある
- ハラスメント等が起きた際に使うガイドラインがある

LGBTフレンドリー企業は、「LGBTでない人」「LGBTの人」の双方が同じように制度を利用できたり、安心して仕事をできることを目指しているのです。

T以外のLGBに「LGBTフレンドリー」って必要?

性的指向にかかわるセクシュアリティ(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル等)の人でも、「LGBTフレンドリー」を必要とする人がいます。

たとえば、福利厚生や転勤において同性パートナーが考慮されないことがあります。
また、日常的に自分の恋愛や家庭のことを隠し続ける精神的負担も少なくありません。カミングアウトする/しないにかかわらず、やはり「LGBTフレンドリー」が必要な人もいるのです。

LGBTフレンドリー企業ってLGBTだけを採用する枠があるの?

LGBTフレンドリー企業には「LGBT採用枠」はありません。
LGBTフレンドリー企業はあくまで「LGBTも働きやすい職場づくりに取り組んでいる企業」であって、「LGBTを優遇・特別扱いする企業」ではないのです。

セクシュアリティの悩みはプライベートのことだから、言う必要ないんじゃないの?

セクシュアリティはプライベートな側面もありますが、実際はそれだけではありません。
例えば、「パートナーがいるので福利厚生を利用したい」と申告するのはプライベートなこととは言われません。
また、パートナーの介護・看病・葬式のための休暇はプライベートなことかもしれませんが、「言う必要がない」とは言われません。

このように、セクシュアリティは個人的なことのようですが、きわめて社会的な側面もあります。また、個人的なことであっても言う必要がある場合もあるのです。