株式会社日立ハイテクノロジーズ

日立ハイテクは、最先端分野での顧客の成長と飛躍をサポートするべく、「ハイテクプロセスをシンプルに」という企業ビジョンを持ち、ナノテクノロジー・ソリューション、アナリティカル・ソリューション、インダストリアル・ソリューションの3つのセグメントで、グローバルに事業を展開しています。

顧客のニーズ、課題にしっかりと目を向け、「見る・測る・分析する」というコア技術によって、希少性のある独創的な技術・製品・サービスを提供し、社会の飛躍と成長に貢献しています。

専門商社(電気・カメラ・OA関連)
person_outline 2 フォロワー

こんなことをしています

日立ハイテクは、2001年、エレクトロニクス専門商社である日製産業と日立製作所計測器グループ、同半導体製造装置グループが統合し誕生しました。現在は「電子デバイスシステム」「科学・医用システム」「産業システム」「先端産業部材」の4つのセグメントで、グローバルな事業展開を行っています。

■電子デバイスシステム
微細化や省電力など時代に合わせたニーズに応え、コア技術を活用した電子デバイスを提供しています。
 
■科学・医用システム
電子顕微鏡や科学機器など、信頼される基礎技術とアプリケーションを融合し、世界的にもトップクオリティの共同研究やコラボレーションを実現しています。
  
■産業システム
快適な暮らしをサポートするため、社会・産業インフラ分野で多様なソリューションを提供しています。
 
■先端産業部材
実績に基づくネットワークを駆使して、ハイテク分野のものづくりを支援しています。

ダイバーシティへの考え方

日立ハイテクグループは、多様な感性や価値観を尊重し、組織の活性化につなげる「ダイバーシティ・マネジメント」を経営の根幹として重要視し、経営トップのコミットメントのもと、成長実現に向けた重要施策として取り組んでいます。

そのための専任組織である「ダイバーシティ推進グループ」を設置し、ダイバーシティ・マネジメントの実践と、女性活躍支援を中心とする支援活動を推進しています。また、働き方を根本から見直すため、多様な働き方を実現できるような制度の整備も行ってきました。国内グループとの連携を強化するだけでなく、海外グループ各社とも連携をとっています。

グローバルなビジネス展開を進める中で、性別・人種・国籍・宗教・職歴・年齢や性格・価値観・性的指向(LGBT)など、外的あるいは内的な違いを「その人がもつ個性」と捉えることによって、従業員一人ひとりが自身の持つ力を十分に発揮できる風土の醸成や仕組みの充実に努めています。

行動宣言

差別禁止規定

経営トップメッセージ

LGBTへの社会貢献

LGBT向けの採用イベント出展

研修

研修受講済み(人事)

研修受講済み(役員)

研修受講済み(管理職)

研修受講済み(全社員)

人事制度

同性パートナーシップ制度

手術休暇

性自認に合わせた施設利用

LGBT相談窓口

当事者コミュニティ

カミングアウトしている社員

トランスジェンダーの社員

当事者コミニュティあり

社内のアライの活動あり

働き方

服装・髪型の自由度が高い

男女別の制服無し

通称名使用OK

強制の転勤無し

Diversity!

女性活躍

外国人活躍

障がい者活躍

シニア活躍


会社情報

業種
専門商社(電気・カメラ・OA関連)
所在地
東京都港区西新橋1丁目24番14号
設立年月日
1947-04-01
従業員数
3964
会社URL
https://www.hitachi-hightech.com/jp/

似ている企業

菱電商事株式会社

相手のビジネス領域に踏み込み、パートナーとともに考え抜いてソリューションを提案できるのが菱電の強みです。1947年...

コネクシオ株式会社

1997年に設立して以来、携帯市場の拡大とともに成長してきたコネクシオは、現在業界を牽引するリーディングカンパニー...

株式会社PALTEK

PALTEKはエレクトロニクス機器の設計・開発に携わるパートナーとして、多様な文化のもとで生まれる技術や企業を結び...