富士通株式会社

世界は今、デジタル革新により大きく変化し、AIやIoTなどの最先端技術が私たちの世界や生活をより良いものに変えていくと期待されています。

しかし富士通は、テクノロジーを使う際あくまでも主役は「人」であることを忘れていません。「ヒューマンセントリック」というビジョンを掲げ、「人」を起点にあらゆることを考えています。常に「人」がデジタル革新の推進力になると考えています。

そして「テクノロジーで人を幸せにすること」を念頭に、ICTの力を社会課題の解決に役立てるよう取り組んでいます。

半導体・電子・電気部品
person_outline 70 フォロワー

こんなことをしています

富士通は、製造・流通・通信/メディア/サービス・公共・官公庁などでICTサービスシェア第1位を獲得。”shaping tomorrow with you”というブランドプロミスのもと、誰もがICTのもたらす恩恵を平等に受け、より豊かな生活を送ることができる世界の実現を目指しています。

職種としては、セールス&マーケティング・コーポレート・ソリューション&サービスエンジニア・研究・開発といったものがあり、それぞれが技術・ノウハウを掛け合わせ、富士通全体としてお客様に価値を提供しています。

ダイバーシティへの考え方

富士通では、「多様性をイノベーションに」をテーマに、2008年に設置されたダイバーシティ推進室を中心として「いきいきと働ける職場づくり」「新たな価値の創造」「社会との共存共栄」を図っています。

具体的な取り組みとしては、経営層によるトップメッセージの発信だけでなく、ダイバーシティ映画界の開催、女性リーダー育成プログラム、LGBTに関するセミナーの開催、育児中社員向けフォーラムなどが挙げられます。

こうした取り組みの結果、多様な人材を活かしてイノベーションを生み価値創造につなげる経営をしている企業として、経済産業省から「ダイバーシティ経営企業100選」に選定されました。それだけでなく、厚生労働大臣から「子育てサポート企業」として特例認定、任意団体work with PrideからLGBTに関して企業を評価する指標である「PRIDE指標」ゴールド企業として表彰を受けました。

行動宣言

差別禁止規定

経営トップメッセージ

LGBTへの社会貢献

LGBT向けの採用イベント出展

研修

研修受講済み(人事)

研修受講済み(役員)

研修受講済み(管理職)

研修受講済み(全社員)

人事制度

同性パートナーシップ制度

手術休暇

性自認に合わせた施設利用

LGBT相談窓口

当事者コミュニティ

カミングアウトしている社員

トランスジェンダーの社員

当事者コミュニティあり

社内のアライの活動あり

働き方

服装・髪型の自由度が高い

男女別の制服無し

通称名使用OK

強制の転勤無し

Diversity!

女性活躍

外国人活躍

障がい者活躍

シニア活躍


会社情報

業種
半導体・電子・電気部品
所在地
東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
設立年月日
1935-06-01
従業員数
140365
会社URL
http://www.fujitsu.com/jp/

似ている企業

コーセル株式会社

コーセルは、1969年に設立されて以来、常に独創的な研究開発を進め、電源専業メーカーという業態を確立しました。これ...

アルパイン株式会社

自動車産業で生じている、CASE(Connected, Autonomous, Shared & Serv...

ミネベアミツミ株式会社

モーターやセンサー、無線技術、半導体などの幅広い先端技術と超精密機械加工技術を組み合わせることで、他社にはないシナ...