freee株式会社

person 147 フォロワー
  • ソフトウェア・情報処理
  • room東京都

追いかけたい夢を持ってビジネスに携わるすべての人が、本当にやりたい創造的な活動にフォーカスできる社会。
そんな社会を、既存の考え方にとらわれないテクノロジーを駆使し、バックオフィス改革を通じて実現していくのがfreeeのミッションです。

熱い思いとアイディアで世界を変える数々のビジネスのためのプラットフォーム。私たちと一緒に作っていきませんか?

社員の声

吉村

freeeでは、カミングアウトを強制しているわけではなくて、メンバー全員がとにかく一番自分らしく、力まずに働けるように応援する環境づくりに徹しています。例えばプライベートであったこと、話しても話さなくてもいいけれど、自分の大切な人の話を、会社のメンバーという別の大切な人たちにも話したいなというときはあると思うんです。そのときにハードルがないことはとても楽ですよね。

ローラ

freeeにいて、自分がLGBTだとか、マイノリティーだという風に変に意識させられることは一切ないです。自分に正直に生きられることで、リラックスできて仕事に集中できていると感じます。モチベーションに波があったりとか、気分が落ち込んだりと悩むことがなくなりました。

ダイバーシティへの考え方

【多様な社員が快適に活躍するために】
 
育児がしやすい環境を作るため、産休・育休を男女関係なく取得できる環境です。
 
フラットなfreeeの職場では、社員がより快適にクリエイティブな仕事ができるよう、部活動(オフカツ)を支援したり、業務に必要な書籍が自由に購入できたりします。また、オフィスの様々なところにモニター・電源も併設されているので、ラウンジスペースなどで自由に場所を変えて仕事するメンバーもいます。
 
 
【LGBTへの取り組み】
 
freeeでは当事者の社員も活躍しており、全社ミーティングでは、当事者社員が講師となってのLGBTについて学ぶためのセミナーも実施しました。allyを示すrainbowステッカーもコーポレートロゴを用いて作成し、多くの社員がPCや持ち物に貼っています。
 
2017年5月に開催された東京レインボープライドでは、「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」LGBT ally な協賛企業としてブースを出展し、多くのally社員も参加しています。

こんなことをしています

freeeは、「スモールビジネスに携わるすべての人が 創造的な活動にフォーカスできるよう」というミッションのもと2012年に設立されました。

クラウド型会計ソフトを皮切りに、給与計算をはじめとした人事労務周りの管理や会社設立支援、マイナンバー管理と、スモールビジネスのバックオフィス業務を効率化するクラウドサービスを開発・提供しています。

しかし、freeeの目指す世界は、まだ始まったばかり。今後は、クラウドの力を最大限に活用したスモールビジネスのためのプラットフォームを目指し、これまでにない新しい価値とビジネスを創出していきます。
 

LGBTフレンドリー評価

LGBTフレンドリー評価とは

2124

(更新日:2019/09/14)

行動宣言

star star star star

差別禁止規定

経営トップメッセージ

LGBTへの社会貢献

LGBT向けの採用イベント出展

研修

star star star star

研修受講済み(人事)

研修受講済み(役員)

研修受講済み(管理職)

研修受講済み(全社員)

人事制度

star star star star

同性パートナーシップ制度

手術休暇

性自認に合わせた施設利用

LGBT相談窓口

コミュニティ

star star star star

カミングアウトしている社員

トランスジェンダーの社員

当事者コミュニティあり

社内のアライの活動あり

働き方

star star star star

服装・髪型の自由度が高い

男女別の制服無し

通称名使用OK

強制の転勤無し

Diversity!

star star star star

女性活躍

外国人活躍

障がい者活躍

シニア活躍

freee株式会社 のインタビュー記事

企業概要

業種 ソフトウェア・情報処理
所在地 東京都品川区西五反田2-8-1五反田ファーストビル9F
設立年月日 2012年7月
従業員数 250
会社URL https://www.freee.co.jp/

地図

似ている企業


似ている企業

企業からのコメント

吉村

freeeでは、カミングアウトを強制しているわけではなくて、メンバー全員がとにかく一番自分らしく、力まずに働けるように応援する環境づくりに徹しています。例えばプライベートであったこと、話しても話さなくてもいいけれど、自分の大切な人の話を、会社のメンバーという別の大切な人たちにも話したいなというときはあると思うんです。そのときにハードルがないことはとても楽ですよね。

ローラ

freeeにいて、自分がLGBTだとか、マイノリティーだという風に変に意識させられることは一切ないです。自分に正直に生きられることで、リラックスできて仕事に集中できていると感じます。モチベーションに波があったりとか、気分が落ち込んだりと悩むことがなくなりました。