日本郵船株式会社

日本郵政グループは、事業を通して人々の暮らしを豊かにすることを使命とし、かつ、日本郵政グループの存在意義であると考えて、日々の企業活動を行っています。
 
世界の人々が豊かな生活を安心して送れるように貢献することに社会的責任を感じており、グループ企業理念における基本理念も、従来掲げていた“モノ運び”の枠に捉われることなく、事業を通して社会に貢献していくために、“Bringing value to life.”と再定義されました。
安全かつ安定した事業運営を通して、人々や社会から信頼される存在であり続けられるよう努め、広く社会に新たな価値を提供できるよう挑戦を続けています。

海運・鉄道・空輸・陸運
person_outline 1 フォロワー

こんなことをしています

一般貨物輸送事業(定期船事業・航空運送事業・物流事業)と、不定期専用船事業、不動産業、その他事業を展開しています。
 
■定期船事業
一般消費財を主に輸送しているコンテナ船部門と、コンテナターミナル等を各地で展開しているターミナル関連部門があります。
 
■航空運送事業
連結子会社の日本貨物航空株式会社(NCA)が、日本発着を主とする北米、欧州、アジアとの国際航空貨物運送事業を運用しています。

■物流事業
グローバルな拠点間を結ぶネットワークを活用して、倉庫・配送から会場・航空フォワーディングにいたるまで、物流全体を包括的に最適化するサービスを提供しています。

■不定期専用船事業
定期船事業以外の外航海運ビジネスで、安全で高品質な輸送サービスとグローバルな営業ネットワークを通じて、多様な形の物流ニーズに応えています。
 
その他には、石油製品や船用機器販売に加え、船舶代理店、レストラン観光業、客船事業、不動産業などもてがけています。

ダイバーシティへの考え方

日本郵船は、グローバル企業として、社員の多様性と挑戦する気概を尊重し、人材育成に努め、夢と誇りを持って働くことのできるグループを目指しています。全世界5万人を超える社員が皆、互いに協力し合いながら地球規模のビジネスを展開しています。
人事グループにダイバーシティ推進チームを設置し、「女性」「障がい者」「定年退職後の再雇用者」の活躍を推進するためのさまざまな施策を実践しています。
 
具体的には、女性活躍や出産後の積極的なキャリア形成に関して、管理職の意識改革を目的としたイクボスセミナーなどを実施しており、企業内保育所「郵船チャイルドケア」を設置しました。くわえて、再雇用制度を整え、意欲と能力がある社員が退職後も活躍できる場を提供しています。
また海上職においては優秀な船員を確保すべく、インドや東欧、アジア諸国の商船大学と提携しながら学生を選抜しています。

行動宣言

差別禁止規定

経営トップメッセージ

LGBTへの社会貢献

LGBT向けの採用イベント出展

研修

研修受講済み(人事)

研修受講済み(役員)

研修受講済み(管理職)

研修受講済み(全社員)

人事制度

同性パートナーシップ制度

手術休暇

性自認に合わせた施設利用

LGBT相談窓口

コミュニティ

カミングアウトしている社員

トランスジェンダーの社員

当事者コミュニティあり

社内のアライの活動あり

働き方

服装・髪型の自由度が高い

男女別の制服無し

通称名使用OK

強制の転勤無し

Diversity!

女性活躍

外国人活躍

障がい者活躍

シニア活躍


会社情報

業種
海運・鉄道・空輸・陸運
所在地
東京都千代田区丸の内二丁目3番2号 郵船ビル
設立
1900年9月
従業員数
37820
会社URL
https://www.nyk.com/

似ている企業

日の丸交通株式会社

古い業界を打ち破る!ダイバーシティを本気で考えるタクシー会社、それが日の丸交通です。   ひとえにタクシードラ...

大橋運輸株式会社

「運輸会社」と聞いたとき、どんな会社をイメージするでしょうか?   多くの方は「男性中心の会社」を想像するでし...

大島運輸株式会社

LGBTQ+もそうでない人も誰でも活躍できる職場に。   弊社は昭和32年創業、昭和41年法人化した物流ス...