people

求人を探す

所在地
職種
業種
ダイバーシティスコア
雇用形態
こだわり条件

表参道ペットクリニック

医療・福祉・介護サービス
気になる 1

domain企業情報

表参道ペットクリニック

表参道ペットクリニック

気になる 0
医療・福祉・介護サービスroom
 表参道ペットクリニックは、北海道札幌市中央区に位置し、開院から28年以上を迎えるペットクリニックです。 様々な選択肢を求めるオーナー様のお声にも応えて、一般診療に加え漢方やインド発祥のアーユルヴェーダ、西洋のハーブ療法など広い地域の多様な伝統医学を組み合わせた診療も行っています。  診療だけではなく研究にも力を入れており、世の中にあまり流通していないハーブを完全無農薬で栽培して研究をしたり、その結果を積極的に学会にて論文の発表もしています。たまに、リフレッシュをかねて郊外で農業実習を行うこともあります。 “人とペットを幸せにする” をモットーに、それぞれが持っている力をプライドを持って全て表現し、多様な人材がそれぞれの経験を活かして活躍できる職場を作り上げています。

社員の声

阪井かおり
動物病院には日々様々な性別、年齢、人種、国籍や価値観の違う飼い主様が来られますが、すべてに共通しているのはペットを大切に想う心です。 また、動物病院の業務は多岐にわたり診察、手術、トリミングなどどれも責任が重く大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。 それぞれのペットやライフスタイルに合わせた多種多様なニーズへ対応し、全力で飼い主様とペットの幸せのためにサポートする職場です。 皆さん一緒に働きませんか。

ダイバーシティへの想い

多様な人々がイキイキと働ける職場を目指しています。

 時には大切な家族の一員として、時には親友として、私たちの癒しや支えとなってくれるペット。そんな生涯のパートナーとの幸せな生活をサポートしているのが北海道札幌市中央区に医院を構える表参道ペットクリニックです。診療だけではなく研究にも取り組み、治療が難しいと言われる病気の治療にも多く取り組んでいます。その努力の根底には、人とペットを幸せにしたいという熱い想い、そして妥協せずに自分たちが持つ力を全て表現する風土がありました。そんな表参道ペットクリニックで採用を担当している飯田さんにダイバーシティへの想いを伺いました。 ■LGBTが身近な存在だとお聞きしました。  私の知り合いにLGBTの方が多くいます。私の物事にあまりこだわらない性格のせいか、色々話してくださる方が多いんです。学生の時にも何人かの知り合いがいましたし、現在お付き合いがある会社さんにも、セクシュアリティをオープンにしている方がいます。 また、私たちのビジネス上の知人のお子さんにもLGBTの方はいて、その方はお子さんからのカミングアウトを自然と受け入れたそうです。今ではLGBTの集会などにも北海道からお子さんのいる東京に出向き一緒に参加されています。カミングアウトをしても家族になかなか受け入れられない方も多いためか、集会では他の多くの運営主要メンバーの方々が、かわるがわる彼女に挨拶をしに来て、大歓迎を受けたと楽しそうにお話しされていました。  自然と周りにLGBTの方がいるので、特別に扱うことなく、個々人として接しています。これはLGBTなどのセクシュアリティに限った話ではなく、例えば学歴や経歴、障がいや年齢、国籍などの違いについても同様です。これからも、もっと多様な方々が自分の力を表現できるような職場にしたいですね。 ■“それぞれが持つ力を全て表現する”ということを大切にされているのだとか。  持っている力を全て発揮できないのって、単純にもったいないと思うんです。LGBTの方や障がいを持っている方など、一般的にマジョリティと言われている状態から少し違いがあるだけで、周りから何かを決めつけられてしまったり、環境が原因で自分の力を出せなくなってしまう。そんな状況をできる限り無くしたいと思っています。なので私たちは、シングルマザーが働きやすいように勤務時間を調整したり、シニア雇用を行ったり、障がいを持つ方の実習を受け入れたりと、多様な方が自分の力を発揮して働けるように後押しをしてきました。  何かできないことがあるなら、他の人の助けを借りたり、方法を変えたり工夫したりしてできるだけ補って、代わりにその人の持っている他の人にない全ての力を出せるようにしたいんですよね。制限の範囲のことだけを行って胸にモヤモヤを抱えてしまうのではなく、プライドを持ってイキイキと力一杯生きていただきたいなと思っています。 ■社内ではこれまで様々な方が働いているそうですね。  私たちは、働きながら学びたいという意欲があって、働く能力を持っている方にはできる限り全面的にバックアップをしたいと思っています。なので、学歴や経歴は不問です。特に現在クリニックは新型コロナ対策ということもあり朝7:00から夕方17:00までなど朝方の時間で運営をしているので、夜間学校にも通いやすくなっています。また、コロナではない時も学習者を後押しする姿勢に変わりはありません。以前は働きながら卒業認定資格を取得するために夜学に通っていた方もいました。環境にハンディがあった人もここにはチャンスがあります。やる気がある人が勉強し、チャレンジするのを精一杯応援します。  同様に年齢についても不問です。例えば80歳などのシニアの方でも、働く能力のある方でしたら、ぜひそれまでの経験を表現して働いていただきたいと思っています。私たちはペットクリニックを運営しながら、あまり流通していないハーブなどを処方するために、完全無農薬で薬草の栽培も行っています。そこでは以前、80歳以上のシニアの方や障がいを持っている方々に働いていただいたこともあります。  現在改装中のシェアハウスもあるので、新しい環境に引っ越しをするのが心細い方も、職場からのフォローを入れつつ、働いていただくこともできます。働きながら長期にわたって学びたい、そんな方は勇気を持って入社していただきたいです。また、私たちもサポートは惜しみません。自分の持っている力を表参道ペットクリニックで自由に大きく表現していただきたいですね。

こんなことをしています

“人とペットを幸せにする”をモットーに、診療と研究を両立して難治性の病気にも立ち向かうため、頑張っています。

■表参道ペットクリニックについて詳しく教えてください。  私たちは開設から28年以上の歴史を持つ、北海道札幌市中央区に位置する動物病院です。犬・猫・ハムスター・うさぎを主に診療対象にしています。「人とペットを幸せにする」ことをモットーに、容態やご要望に合わせてオーダーメイドの治療を提供していますよ。  オーナー様の、何かこの子にしてあげられることはないか、食欲を出してあげることはできないかというお声を受けて、一般診療だけではなく漢方やインド発祥のアーユルヴェーダなどを含む、広い地域の伝統医学も取り入れた診療を行っています。ハーブを処方するために、土づくりから始めて完全無農薬の薬草の栽培も行っているんです。 オーナー様に親身に寄り添うことを大切にしています。「時間をかけてしっかりと聞いてくれてありがたいです」というお声をいただいたこともあります。 ■診療だけではなく研究にも力を入れているのだとか。  ペットクリニックの中ではかなり珍しいと思うのですが、診療だけではなく研究も行っています。例えば犬の認知症や、難治性の炎症性腸疾患など様々なテーマを伝統医学の知識も駆使しながら研究を進めています。実際に、通常の治療だけでは1年程度で亡くなってしまう病気の犬に対して研究を行いながらハーブを処方したところ、そこから3年~4年以上も元気に過ごしてくれたケースなど、QOLも高く飼い主様に満足して頂けた多くのケースがあります。こうした結果をできるだけ多くの人と動物に届けていきたいと思い活動しています。また、論文で積極的に発表もしています。  長年にわたって研究をしていたり、一般診療と伝統医学を組み合わせて診療を行なっているので、「病気ではない」と見てもらえなかった症状が治った、夜もゆっくり寝れるようになったなどのお声をいただくこともあります。今後もペットと人の幸せのため、スタッフと力を合わせて一層の努力をしていきたいです。 ■お仕事の魅力はどこですか。  まさに自分の目の前で、オーナー様とペットが喜んでいる様子を見ることができるのが醍醐味ですね。もう立って歩くことはできないだろうと言われた高齢犬がリハビリと治療の結果元気に歩けるようになったことがあったんです。その時は「見てください先生、歩いています!」とオーナー様が嬉しそうに動画を見せてくれたんです。当の高齢犬の元気になった姿にはもちろんですが、オーナー様が喜んでくれた事にも、本当にこちらまで嬉しくなりました。  こんな風に動物が元気になることで、周りの人の心も元気になるんです。調子を崩した動物を気遣い治療していくことを通じて、お子さんとの関係が修復されたり、日々のストレスが軽減したり・・・。また、動物やオーナー様の笑顔を取り戻すということでその周りの人々の心もあたたまります。ですから、その影響は家庭内にとどまらず社会的にも非常にポジティブなウェーブが広がっていくと思います。やりがいのある仕事ですよ。 ■くじ引き大会やゲーム大会などの社内イベントを開催されているのだとか。  年末に、年間でレポートをたくさん出した方が枚数に応じて参加できるくじ引き大会を開いています。レポートの内容は動物の治療以外でも、映画を鑑賞した感想やレストランで食べた料理についてなど、どんな内容でも構いません。昨年・一昨年の一等は一万円だったので、参加権を得るためにレポートを提出するスタッフも多いです。これはただ遊びのためにやっているのではありません。レポートを書くことをきっかけに、とにかく色々なことに意識的に興味を持って欲しいというのが狙いです。世の中が情報に溢れていて自分の好きなものだけとしか関わらずに済んでしまうこともできるこの時代だからこそ、今興味があることだけではなくもっと広い世界を見てほしいんですよね。  半年に一回ほどゲーム大会も開催しています。慎重にしないといけないからといって、あまりにも時間をかけすぎてしまうと、採算が合わなくなってしまうことがあります。頭を働かせて正確に素早く思考することの意義をゲームを通じて知ってもらう狙いがあるんです。色々な種類のゲームがあって、次のゲーム大会で行うゲームを発表したあと練習期間もあったりして。みんな楽しそうにゲームをしていますよ。

ダイバーシティスコア

24
25
(更新日:2021年7月21日)

行動宣言

  • 経営トップメッセージ
  • 行動計画
  • 行動指針
  • 性別役割の撤廃推進

教育/理解促進

  • 管理職向け研修
  • 女性リーダー育成
  • キャリア形成支援
  • 戦略部門への積極的配置

人事制度

  • 生理休暇の周知
  • 婦人科系疾患のサポート
  • 産休からの復職支援
  • 機会均等

コミュニティ

  • 女性役員がいる/いた
  • 女性管理職20%以上
  • 育児経験のある女性社員がいる/いた
  • ロールモデルと交流できる

働き方

  • ハイヒール強制なし
  • メイク強制なし
  • 女性専用制服なし
  • 旧姓使用OK

行動宣言

  • 差別禁止の明文化
  • 経営トップメッセージ
  • LGBTへの社会貢献
  • 行動指針

教育/理解促進

  • 研修受講済み(経営/管理職)
  • 研修受講済み(人事)
  • 研修受講済み(全社員)
  • 社内啓発

人事制度

  • 同性パートナーシップ制度
  • 性別適合サポート
  • LGBT相談窓口
  • LGBT採用

コミュニティ

  • カミングアウトしている社員がいる/いた
  • トランスジェンダーの社員がいる/いた
  • 社内コミュニティあり
  • 社内のアライの活動あり

働き方

  • 服装・髪型の自由度が高い
  • 男女別の制服無し
  • 通称名使用OK
  • 性自認に合わせた配慮

行動宣言

  • 差別禁止の明文化
  • 経営トップメッセージ
  • 社会貢献
  • 行動指針

教育/理解促進

  • 社内啓発
  • 専任の指導担当
  • 管理職の理解促進
  • 有資格者在籍

人事制度

  • 合理的配慮の提供
  • 相談窓口
  • 支援団体との連携
  • 障がい者採用

コミュニティ

  • 障がい者社員がいる/いた
  • 社内コミュニティあり
  • 有志の社内活動あり
  • 一般部署での就労

働き方

  • 施設のバリアフリー
  • 補助器具
  • マニュアル配慮
  • 勤務時間の配慮

行動宣言

  • 差別禁止の明文化
  • 経営トップメッセージ
  • 社会貢献
  • 行動指針

教育/理解促進

  • 社内啓発
  • 社内教育
  • 管理職の理解促進
  • 多国籍社員向け研修

人事制度

  • 就労サポート
  • 多言語コミュニケーション
  • 相談窓口
  • グローバル採用

コミュニティ

  • 外国人社員がいる/いた
  • 社内コミュニティ有り
  • 外国人の経営/管理職
  • 有志の社内活動あり

働き方

  • 多宗教への配慮
  • お祈り部屋有り
  • 食事への配慮
  • 多文化の尊重

行動宣言

  • 経営トップメッセージ
  • 行動計画
  • 社会貢献
  • 行動指針

教育/理解促進

  • 管理職の理解促進
  • 職場全体の理解促進
  • 男性の育休推進
  • 社内啓発

人事制度

  • 多様なキャリアパス
  • 育休からの復職支援
  • 育児支援
  • 介護支援

コミュニティ

  • 役員が育休取得
  • 管理職が育休取得
  • 育児と両立している社員がいる/いた
  • 介護と両立している社員がいる/いた

働き方

  • 時短勤務
  • リモートOK
  • フレックス制
  • 始業終業の繰上げ繰下げ

SDGs / 指標

企業概要

業種医療・福祉・介護サービス
所在地〒 札幌市中央区北2条西17丁目1-11
設立年月日1996年1月
従業員数10
会社URLhttps://lotus-petal.jp/index.html

地図