people

求人を探す

所在地
職種
業種
ダイバーシティスコア
雇用形態
こだわり条件

バーバリー・ジャパン株式会社

積極採用中 (求人掲載があります)
ファッション・アパレル・アクセサリー
気になる 18

domain企業情報

バーバリー・ジャパン株式会社

バーバリー・ジャパン株式会社

気になる 18
積極採用中 (求人掲載があります)
ファッション・アパレル・アクセサリーroom
1856年にイギリスで誕生して以来、長年にわたって多くのお客様に愛されているラグジュアリーブランド『BURBERRY』。 創業者のトーマス・バーバリーが100年以上前に考案した伝統のトレンチコートをはじめ、ブリティッシュマインドの伝統を受け継ぎながら、時代に沿った革新的なデザインを取り入れています。 「CREATIVITY OPENS SPACES」というパーパスの通り、クリエイティビティを発揮するために、肌の色など目に見える違いや、思考などの目に見えない違いも含めて、あらゆる社員が自分の個性を発揮できる組織を目指しています。 LGBTQ団体への協賛や「レインボーチェック」コレクションの販売なども行い、ファッションラグジュアリーブランドにおいて、バーバリーはダイバーシティ&インクルージョンをリードしています。一人ひとりのふるまいやバリュー、ポリシー、教育などすべてにおいてダイバーシティが溶け込んだ、オーセンティックな会社であることが目標です。

ダイバーシティへの想い

バーバリーの歴史であり財産でもあるダイバーシティ。各国や部署単位でD&Iの具体的なアクションプランを実行しています。

ロンドンに本社を持つラグジュアリーブランド『BURBERRY』。チーフ・クリエイティブ・オフィサーであるリカルド・ティッシは、ランウェイに初めてトランスジェンダーモデルを起用しLGBTQを支援しています。またバーバリーは、グローバル全体だけではなく各国ごと、さらには各部署でLGBTQを含めたダイバーシティ&インクルージョンのアクションプランを掲げています。ロンドン本社でダイバーシティ&インクルージョンの推進に携わるD&Iチームの想いを伺いました。 ■バーバリーでは、創業時から"多様性という財産"が受け継がれているそうですね。 バーバリーは、1856年に、当時21歳だったトーマス・バーバリーが創立しました。現在、トレンチコートやバーバリーチェックをはじめとして、世界中で知られている、イギリスを代表するラグジュアリーブランドです。 私たちは創立以来、「CREATIVITY OPENS SPACES」をパーパスに掲げています。クリエイティビティを発揮することで、私たち人類の可能性を広げられると考えているのです。そして、クリエイティビティは、違いや多様性のある空間ではじめて生み出されるものです。その多様性には肌の色など目に見える違いだけではなく、考え方など目に見えない違いも含まれています。多様性はバーバリーの歴史の一部であり、代々受け継がれている財産でもあり、私たちの行動指針でもあるのです。 ■ダイバーシティ&インクルージョンに関して、戦略を定めているのだとか。   私たちは、ダイバーシティ&インクルージョンに関して、グローバル全体の戦略と、バーバリーの拠点がある国や地域単位の戦略と、各部署ごとの戦略をそれぞれ立てています。そして、各戦略に沿って、具体的なアクションプランを実行しています。   研修・教育の面では、バーバリーの全社員がアライシップやアンコンシャスバイアスについての研修を受けており、さらに人事部では、トランスジェンダーやノンバイナリーに関する研修なども受講しています。全世界のリーダーポジションの社員は、バーバリーのダイバーシティ&インクルージョンに貢献するための個々の目標も定めています。国や地域、役職や部署、それぞれの状況を踏まえて効果的なアクションプランを実行しています。 ■LGBTQに関して具体的にどのような取り組みをされているのでしょうか。 まず、バーバリーは世界のさまざまなLGBTQ団体に協賛しています。例えば、ファッションラグジュアリー企業として、はじめて、そして唯一、LGBTQ団体Stonewallの「Global Diversity Champions」の一員となっています。Stonewallには我々のようにグローバルで展開している企業が多く加盟しており、専門家の知恵を借りながら、世界各国でのLGBTQに関する取り組みを進めています。他にも、トランスジェンダーのインクルージョンを推進している「Global Butterfly」にも加盟しています。 また、グローバル全体で、LGBTQに関連する記念日を啓蒙したり、ワークショップを開催しています。5月17日の「国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日」、6月の「プライド月間」などにはLGBTQ社員をサポートするためのメッセージを配信しています。3月31日の「国際トランスジェンダー認知の日」には、トランスジェンダーをカミングアウトしてくれた人に対して何ができるのか、彼らの性別適合をどうサポートするのかを考えるワークショップも開催しました。LGBTQに関する話題を提供することで、全社員にLGBTQのことを知ってもらい、より良い仲間になっていただきたいと思っています。 ■バーバリー・ジャパンでも、少しずつ取り組みを広げているとお聞きしました。 入社された方に行っている人事からのオリエンテーションで、LGBTQの基礎レクチャーをしています。2018-19年秋冬のコレクションである「レインボーチェック」のアイテムを見せて、このレインボーカラーが何を意味しているかわかりますか?と問いかけているのです。 また、近々日本で、ダイバーシティ&インクルージョンのコミュニティを立ち上げる予定です。すでに社員全員にアナウンスもしていて、参加希望者を募っています。まだまだできることはたくさんあるので、バーバリーの一員になって一緒にダイバーシティ&インクルージョンを進めていく仲間と出会いたいですね。

こんなことをしています

イギリスを代表するファッションラグジュアリーブランド『BURBERRY』。165年以上の伝統を受け継ぎながら、変化と革新を続けています。

■バーバリーでは、どのような事業を行っているのですか? バーバリーはイギリスを代表するラグジュアリーブランドです。「ウィメンズ」「メンズ」「チルドレンズ」「ビューティ」の4つのラインで展開しており、バッグ、革小物、マフラーや靴など様々な商品をデザイン・製造・販売しています。日本を含めて世界の30以上の国々で事業を展開しており、社員の国籍は約100カ国。世界的存在であることを誇り、進化を続けている高級ブランドです。日本では2014年からビジネスを開始し、北海道から中国・四国、そして沖縄まで40店舗以上を構えていますよ。 私たちは、イギリスを代表するブランドとして、伝統あるブリティッシュマインドの中に革新性を取り入れたデザインを手掛けています。165年以上愛されている伝統的なトレンチコートやバーバリーチェックのスタイルを保ちつつ、時代に沿った新しい変化を取り入れています。次々と変化するファッションラグジュアリー業界において、バーバリーの世界観を多くの方に届けるため、伝統を受け継ぎながら変革と発展を続けているのがバーバリーです。 ■バーバリーのパーパス『CREATIVITY OPENS SPACES』を実現するための4つのバリューを掲げています。 『CREATIVITY OPENS SPACES』というパーパスは、下記の4つのバリューに支えられています。 ・CREATIVELY DRIVEN ・PROUD OF OUR HERITAGE ・OPEN AND CARING ・FORWARD THINKING これらはバーバリーならではのバリューで、私たちにとっての最高の状態を表現しています。働く上で社員が大切にしている考え方です。 ■お仕事の魅力はどこですか? 働く現場においてもブリティッシュマインドが浸透しているのが一つの魅力です。誰もがイノベーションを起こせるように、自分らしく、自由度の高い環境で働くことができます。そして、ありのままの自分を表現しつつ、他者を受け入れる心を持った方が多くいます。 そして、一緒に働く仲間が多様なこともポイントです。『BURBERRY』のブランドに対する情熱を共有しつつ、出身地や国籍も様々。バックグラウンドもセクシュアリティも、勤続年数も人それぞれです。そんな違いのある一人ひとりが、それぞれ違うものを持ち寄って、何らかの形でバーバリーに貢献しているのです。まるで家族のように支え合っています。 同じく、バーバリーのお客様も多様です。年齢や性別・セクシュアリティを問わず愛用していただけるアイテムだからこそ、あらゆる方にバーバリーならではのブランドエクスペリエンスをお届けできるのです。 ■バーバリーのこれからを教えてください。 私たちは、ファッションラグジュアリー業界で、ダイバーシティ&インクルージョンに関してトップの会社でありたいと思っています。ダイバーシティ&インクルージョンを進めるための具体的なアクションプランや数値目標を国や部署、そして個人レベルで定めています。そうして一人ひとりの目標と結びつけることで、自分ごと化でき、会社全体を変えることができると信じています。 ですが、ただアクションプラン通りに行動をして、数値目標を達成するだけでは不十分です。大切なのはオーセンティックであるということ。ダイバーシティについて自然と話題にあがったり、私たちの振る舞いに表現されるような、ダイバーシティ&インクルージョンが全てに溶け込んでいる状態を目指したいと思っています。

ダイバーシティスコア

25
25
(更新日:2022年6月20日)

行動宣言

  • 経営トップメッセージ
  • 行動計画
  • 行動指針
  • 性別役割の撤廃推進

教育/理解促進

  • 管理職向け研修
  • 女性リーダー育成
  • キャリア形成支援
  • 戦略部門への積極的配置

人事制度

  • 生理休暇の周知
  • 婦人科系疾患のサポート
  • 産休からの復職支援
  • 機会均等

コミュニティ

  • 女性役員がいる/いた
  • 女性管理職20%以上
  • 育児経験のある女性社員がいる/いた
  • ロールモデルと交流できる

働き方

  • ハイヒール強制なし
  • メイク強制なし
  • 女性専用制服なし
  • 旧姓使用OK

行動宣言

  • 差別禁止の明文化
  • 経営トップメッセージ
  • LGBTへの社会貢献
  • 行動指針

教育/理解促進

  • 研修受講済み(経営/管理職)
  • 研修受講済み(人事)
  • 研修受講済み(全社員)
  • 社内啓発

人事制度

  • 同性パートナーシップ制度
  • 性別適合サポート
  • LGBT相談窓口
  • LGBT採用

コミュニティ

  • カミングアウトしている社員がいる/いた
  • トランスジェンダーの社員がいる/いた
  • 社内コミュニティあり
  • 社内のアライの活動あり

働き方

  • 服装・髪型の自由度が高い
  • 男女別の制服無し
  • 通称名使用OK
  • 性自認に合わせた配慮

行動宣言

  • 差別禁止の明文化
  • 経営トップメッセージ
  • 社会貢献
  • 行動指針

教育/理解促進

  • 社内啓発
  • 専任の指導担当
  • 管理職の理解促進
  • 有資格者在籍

人事制度

  • 合理的配慮の提供
  • 相談窓口
  • 支援団体との連携
  • 障がい者採用

コミュニティ

  • 障がい者社員がいる/いた
  • 社内コミュニティあり
  • 有志の社内活動あり
  • 一般部署での就労

働き方

  • 施設のバリアフリー
  • 補助器具
  • マニュアル配慮
  • 勤務時間の配慮

行動宣言

  • 差別禁止の明文化
  • 経営トップメッセージ
  • 社会貢献
  • 行動指針

教育/理解促進

  • 社内啓発
  • 社内教育
  • 管理職の理解促進
  • 多国籍社員向け研修

人事制度

  • 就労サポート
  • 多言語コミュニケーション
  • 相談窓口
  • グローバル採用

コミュニティ

  • 外国人社員がいる/いた
  • 社内コミュニティ有り
  • 外国人の経営/管理職
  • 有志の社内活動あり

働き方

  • 多宗教への配慮
  • お祈り部屋有り
  • 食事への配慮
  • 多文化の尊重

行動宣言

  • 経営トップメッセージ
  • 行動計画
  • 社会貢献
  • 行動指針

教育/理解促進

  • 管理職の理解促進
  • 職場全体の理解促進
  • 男性の育休推進
  • 社内啓発

人事制度

  • 多様なキャリアパス
  • 育休からの復職支援
  • 育児支援
  • 介護支援

コミュニティ

  • 役員が育休取得
  • 管理職が育休取得
  • 育児と両立している社員がいる/いた
  • 介護と両立している社員がいる/いた

働き方

  • 時短勤務
  • リモートOK
  • フレックス制
  • 始業終業の繰上げ繰下げ

SDGs / 指標

企業概要

業種ファッション・アパレル・アクセサリー
所在地〒 東京都中央区銀座2-5-14銀座マロニエビル
設立年月日2008年11月
従業員数410
会社URLhttps://jp.burberry.com/

地図