バイセクシュアルの悩み

ライター: つっきー
この記事のアイキャッチ画像

バイセクシュアルと聞いて最初に思い浮かぶことは何でしょう?
「男性と女性を好きになる人」と認識されている方が多いのではないでしょうか。

でも、実は「バイセクシュアルならではの悩み」が案外あることを知っていましたか? バイセクシュアルは、「性に奔放」や「同時に数人付き合っている」などといった誤解をされることもあるなど、「バイセクシュアルだから」という理由で一方的に偏見を持たれることがあります。

また、バイセクシュアル同士が繋がるきっかけが少なく、仲間や情報を見つけづらく悩んでいるという意見もあります。今回は、そんな案外知られていない「バイセクシュアルの悩み」にフォーカスします。なかでも今回は、特に誤解されがちな、友人関係と結婚に関する悩みについて解説します。

「バイセクシュアルの悩みなんて今まで考えたことなかった…」と思ったあなたは是非最後までお読みください。

そもそもバイセクシュアルとは?という方はぜひこちらの記事も合わせてお読みください。

バイセクシュアルとは?たっぷりまとめ!【当事者監修】

バイセクシュアルと友人関係

仲良さそうに歩いている4人組の画像

バイセクシュアルは誰でも好き?

バイセクシュアルと聞いて、「男性・女性であれば誰でも好きになるのか」と考える人は少なくありません。

しかし、その考え方は間違っています。ストレート(主にセクシュアルマジョリティを指し、シスジェンダーかつヘテロセクシュアルを指す)の方だとしても『男もしくは女だったら誰でもいい』というわけではないですよね?

セクシュアルマイノリティの問題を考える際には、常に自分と近づけて考えましょう。遠い視点からではなく、より自分ごととしてみることで新たな発見があるかもしれません。

人と人が惹かれ合い愛し合うことに、マジョリティもマイノリティもありません。もちろんこのことに関してはバイセクシュアルに限ったことではなく、レズビアンやゲイといったセクシュアリティにも同じことが言えます。

「友情関係」と「恋愛関係」

以上に述べたように、バイセクシュアルは決して誰でも好きというわけではありません。そもそもどのセクシュアリティであっても性に奔放だと決めつけるのは、やめましょう。

バイセクシュアルであろうと、友達であるか恋愛対象であるかはバイセクシュアルでない人々と同じように区別をつけます。友達にバイセクシュアルであるとカミングアウトされたからといって、その場で友情関係が終わることはありません。

またバイセクシュアルは、単に一つの性的指向(性愛を感じるパターンのこと)の一種であり、ストレート・レズビアン・ゲイまたはその他の性的指向と同じです。『バイセクシュアルだから、友人関係を築くのは難しい』と思い込んだり決めつけたりする必要はありません。

筆者の経験

筆者はバイセクシュアルを自認していますが、私のセクシュアリティについて、高校の同級生は皆知っています。しかし、幸いにも学校内で避けられたり壁を作られたりしたことはありません。友達としてお互いに切磋琢磨し、たくさんの思い出を共有してきました。

それはおそらく、セクシュアリティ関係なく私自身を一人の人間として受け入れてくれていたのだと思います。
そのおかげで、私が自分らしくいられたように、セクシュアリティに関係なく一人の人間として接されることは、どんなセクシュアリティの方であっても嬉しいことではないでしょうか。
友人関係を築く上で、セクシュアリティにばかり焦点を合わせるのではなく、自分が一緒にいて居心地のよい関係性を求めるのはいかがでしょう。これは当事者の方もそうでない方にも言えることではないかと思います。

バイセクシュアルと結婚

2つの指輪の画像

異性と交際?

想像してみてください。

バイセクシュアルの人が同性もしくは異性のどちらかに特定して交際している場合、あなたはその人を「バイセクシュアルではない」と決めつけるでしょうか? その方をストレート・レズビアン・ゲイの人と決めつけるでしょうか?

そうだとしたら誤解です。

異性と結婚?

もう一度想像してみてください。

バイセクシュアルの友人が異性と結婚をしました。あなたはその方がストレートに「なった」と思うでしょうか?バイセクシュアルでは「なくなった」と思うでしょうか?

そうだとしたら、またもや誤解です。

バイセクシュアルの人が異性とお付き合いをしている、または結婚することはごくごく当たり前にありえることです。同時に、同性で結婚しているカップルをゲイカップルである・レズビアンカップルであるとするのもおかしなことです。様々なセクシュアリティの組み合わせが考えられます。もちろん、同性愛者でありながら、生活のパートナーとして異性と結婚する人もいます。
多様なセクシュアリティのあり方についてもっと詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧ください。

LGBT診断〜多様なセクシュアリティの世界まとめ〜

番外編

バイセクシュアル だからこその難しさ

バイセクシュアルであるかどうかは、周りの人が決めることではありません。自分のアイデンティティの一部として、自分自身が納得できるセクシュアリティを自認することが大切です。

一方、一部のレズビアン・ゲイの人たちがバイセクシュアルを「恋愛対象がいまだに決まっていない途中段階にある人」と見なすことがあるのも事実です。その結果、バイセクシュアルの人が異性愛の関係にあると、稀に彼らからの風当たりや居心地の悪さが感じられることもあります。

LGBTの一つとされているにも関わらず、バイセクシュアルにはレズビアン・ゲイコミュニティーに比べて単独のコミュニティーがあまりありません。その点においてバイセクシュアルは孤独に感じることが多いと思われます。

偏見を乗り越える

筆者自身は昔、バイセクシュアルを自認してから「もっとバイセクシュアルである」為に、同性を好きになったら次は異性を好きになろうとしていました。バイセクシュアルというセクシュアリティに対する強い固定観念が影響していたのでしょう。しかし、自分で決まりを作ってしまうとそのことに囚われて、そもそも恋愛ができなくなってしまうことに気がつきました。

ストレート・レズビアン・ゲイの人からどう思われるのかということに固執せず、自分が一番しっくりくる選択ができるようにしたいものです。

当事者である方もそうでない方も、まずは一番近くの偏見を探してみましょう。それはもしかすると自分の中にあるかもしれません。
自分自身で偏見に気づき修正していくことが、たくさんの人に広まっていけば今よりもっとバイセクシュアルの人はもちろんストレート・レズビアン・ゲイの人などが自然に「自分らしく」生きられるかもしれません。

おわりに

今回はバイセクシュアルの悩み、特に友人関係と結婚に絞って書きました。しかし当事者はたくさんの悩みを、個人ごとに抱えています。一概に、バイセクシュアル の悩みを限定することはできません。そもそも人それぞれに悩むことがあるのというのは、セクシュアリティに関係ないものです。

    検索

    JobRainbow