【2月22日開催】招待制イベント「JobRainbow Night」レポート

ライター: りっきー
この記事のアイキャッチ画像

2/22、南青山のMORIO SELECTにて完全招待制のイベントJobRainbow Nightが開催されました。

3/1からのJobRainbow新サービス発表だけでなく、豪華ゲストによるトークセッションも。

今回は、そのイベントのレポートをお送りします。

※以下人名敬称略

OP~JobRainbowの新サービス発表~

星賢人代表がスクリーン前で話している

3/1、JobRaibowのサービスが新しく生まれ変わります。

・サイトデザインの一新

・24項目で企業を評価

・企業への「いいね」機能追加

・「いいね」によるスカウト機能追加 etc…

JobRainbow代表、星賢人の新サービス紹介からイベントはスタートしました。

LGBT就活支援の「JobRainbow」が、当事者向け採用プラットフォームをリニューアル。どんなサービス?https://t.co/D4zLN7bJxk

— ハフポスト日本版 (@HuffPostJapan) 2019年2月24日

JobRainbow Night へ。代表、星くんの@kentohoshiプレゼン。3月30日、渋谷がレインボーに染まります?️‍?

インフルエンサーのミレニアル世代の等身大の話、とても新鮮でした。TikTokみる〜 pic.twitter.com/IyeXrwSmC7

— 笹川かおり (@kaoris727) 2019年2月22日

星賢人代表が合同説明会についてスクリーンを用いて説明する様子

ユーザーの声に応えて進化を続けるJobRainbow。新サービスの発表だけでなく、3月30日に開催される過去最大規模の合同説明会の詳細を明らかにしました。

世界を代表するようなLGBTフレンドリー企業20社が、渋谷ヒカリエ9FのホールBに集結。企業について知ることができるだけでなく、採用に直結するイベント。様々なセクシュアリティの方と出会うことのできるチャンスでもあります。

「まさたいカップル」と芳賀セブンによるトークセッション

「まさたいカップル」と芳賀セブンによるトークセッションの様子

新サービス&合同説明会詳細発表の後は、トークセッション。「まさたいカップル」でおなじみの有名TikToker「まさと」と「たいが」、トレーナーの芳賀セブンがフリートークのような形で対談しました。

司会進行を務めたのは、トランスジェンダーのモデル・建築家として活躍中の畑島楓。全員SNS上で自己表現をしているからこそ抱く思いがあるようでした。

芳賀セブンさんが話している様子

芳賀セブンは、ボディメイキングをサポートするだけでなく、YouTube上でLGBTにまつわる相談を受けています。

アンチよりもファンを大事にすることを徹底している芳賀セブン。今回のトークセッションでは、ファンから寄せられた悩みの具体例や、普段の日常について話しました。

昨日のLGBTQトークショー出て実際に人前で話して感じた事なんだけど
人と違うセクシャリティである事で悩み、自問自答し、イジメられたりって経験が一切ない俺
こんなに将来の事考えず悩まないゲイも珍しいのかなって
むしろ知ってもらうのが気持ち良い
人に教えた時だから何ですか?って反応多かった

— 芳賀セブン@HAGA SEVEN (@ISuperbody) 2019年2月23日

まさたいカップルが話している様子

まさたいカップルは10代とは思えない場慣れしたトークを披露。自分たちの知名度が上がるきっかけとなったTikTokの動画を紹介し、SNSで気をつけていることやファンとの交流について語りました。

まさとくん「背が高いA君とB君がいて、A君が家族から『背が高くてかっこいいね』と言われていて、B君は『背が高くてみっともない』と言われて育ったとしたら。

学校で友達に『背が高いね』と言われたときの受け止め方は、それぞれ違うと思うんですよ。

セクシャリティの捉え方もそう。」

— 佐藤古都 / ゼネラルパートナーズ (@_satokoto) 2019年2月22日

合田文・MINAと星賢人のトークセッション

合田文・MINAと星賢人が「フェアな関係」について話している様子

インターネットメディアPaletteで編集長を務める合田文とクリエイターMINAの話を、JobRainbow代表の星賢人が引き出すかたちでトークセッションは進みました。

互いのセクシュアリティの違いを尊重したうえで、自分たちがどういった考えでどういった関係を保っているか語った合田とMINA。

それだけでなく、同性をパートナーとして選択していることによって受けるハラスメントについて、赤裸々に明かしました。

合田文・MINAが笑顔で話している

恋愛関係にあることが、人間関係として大事なことを、おざなりにしてしまっていないか(と、自分なりの解釈) pic.twitter.com/ZySpusY8o5

— 五十嵐ゆり (@igarashiyuri) 2019年2月22日

「彼氏さん」の列車が走り出したら、もう止められない。
こんな表現があるか。

— 五十嵐ゆり (@igarashiyuri) 2019年2月22日

相手に抱く感情が違うことをお互いに知りながらパートナーとして歩むと決めた二人の話に、会場の人々は聞き入っていました。

星賢人代表が笑顔で話している

イベントの終了時刻ギリギリまで盛り上がったトークセッション。終わった後には割れんばかりの拍手が会場を埋め尽くしました。

盛り上がる会場の様子

JobRainbowの理念に共感して足を運んでくれた方は数多く、大盛況のうちに終わった今回のイベント。

3月30日には800人が参加できる大規模な合同説明会Real JobRainbowも開催されます。

LGBTフレンドリーな20社が集まる次回のイベントも、目が離せません。

性にまつわる4つの概念を説明したポスター

(展示されていた性にまつわる4つの概念を説明したポスター)

検索

JobRainbow