【LGBT対象】オンライン講座・セミナーまとめ7選

ライター: Mio
この記事のアイキャッチ画像

「おうち時間をもっとうまく活用したい!」「週末は休みたいけどダラダラして過ごすだけでは物足りない」

そんな思いをかかえている方にぜひオススメしたいのが、家にいながらにして知見を広げられるオンラインの講座やセミナーです。

本記事では、セクシュアリティに関する内容を扱っているもの、運営がLGBTフレンドリーなものに焦点を当てて紹介していきます。

※本記事は2020年7月現在の情報を元に書かれており、イベントの開催方法や受講料など変更が出る可能性もございます。参加に際しては、公式の情報をご確認ください。

1. YOU ARE HERE(ユウアヒア)

YOU ARE HEREのホームページ画像

参加費:テーマによりけり
参加対象:テーマによりけり
申し込み方法:公式ホームページに掲載されている、イベント参加者募集記事内の申し込みフォームから申し込む。当日はZoomを使用

▽公式情報
>>ホームページはこちら
>>Twitterはこちら
>>Facebookはこちら

ユウアヒアは「誰もがよりよく生きる為には、何にも増して、まずは自分自身の存在の肯定から。」という考えのもと、互いを尊重し、新たな価値観を得られる場をつくるコミュニティセンターです。

過去のテーマは「男性と出会いたい男性向け!マッチングアプリ・SNSとの付き合い方」「ライフプランニングを考えるゲイ・バイセクシュアル男性の会」など。終了後に交流会があるのも魅力的です。こちらから講座をお試し視聴できます。

2. ReBit(リビット)

ReBitのホームページ画像

参加費:イベントによりけり
参加対象:イベントによりけり
申し込み方法:公式ホームページに掲載されている、イベントのお知らせ記事内の申し込みフォームから申し込む。当日はZoomを使用

▽公式情報
>>ホームページはこちら
>>Twitterはこちら
>>Facebookはこちら

ReBitは、「LGBTもありのままでオトナになれる社会」を目指すNPOです。これまでのテーマは「リモート時代のリーダーシップ〜エンゲイジメントを高めるチーム運営とは〜」「社会人の先輩と話そう!LGBTQ学生のためのオンラインキャリア座談会」など、学生向けのキャリア支援が中心。

参加者からは「何をしてはたらけるのか、ではなく何をしてはたらきたいのかを考えるきっかけになった」といった声が上がっています。

3. くまにじ

くまにじのホームページ画像

参加費:300円
参加対象:誰でも
参加方法:下記SNSに掲載されている入力フォームから申し込み、PayPayで参加費を送金。当日はZoomを使用

▽公式情報
>>ホームページはこちら
>>Twitterはこちら
>>Facebookはこちら

くまにじは、セクシュアリティにとっても住みやすい熊本を実現しようと活動する団体です。過去のテーマは、「産婦人科のお医者さんに聞こう ホルモン治療のこと、性別適合手術のこと、子づくりのこと」「LGBTQ+フレンドリーな里親親子公開学習会」「子どもの権利と制服―PTAで制服選べるように変えました!」など。

自分の体や子どもの育て方といったライフプランを大きく左右する事柄については、ネットの情報だけでなく信頼できる人の話を聞きたいと考えている方にオススメです。

4. オンラインMilky(ミルキー)

Milkyのホームページ画像

参加費:メイクレッスン60分8000円 90分12000円 120分16000円/ヘアスタイリング・アレンジレッスン30分5000円
参加対象:誰でも
申し込み方法:こちらの申し込みフォームから申し込む

▽公式情報
>>ホームページはこちら
>>Twitterはこちら
>>Facebookはこちら

Milkyは秋葉原で気軽に本格的な女装やコスプレ体験が楽しめるサロン。オンラインメイクレッスンでは、メイク初心者のための化粧品の説明から手順のアドバイス、セルフメイクの仕上がり確認と一から懇切丁寧に教えてもらえます。

ヘアスタイリング・アレンジレッスンも、スタイリング剤の説明や日々のスタイリングのお悩み解決、ヘアアイロンを用いたスタイリング法伝授などなど充実した内容に。コスメセットや下着セットをセレクトしてもらえるオンラインショップもあります。

5. LGBT英会話

LGBT英会話のホームページ画像

受講料:1コマ40分6000円
参加対象:誰でも
申し込み方法:browneyessoshi@gmail.com /公式TwitterのDMに入会希望の旨を送信

▽公式情報
>>ホームページはこちら
>>Twitterはこちら
>>Youtubeはこちら

LGBT英会話の講師、そうし先生はゲイを公表されています。そのため、一般の英会話スクールでは話せないゲイバーやマッチングアプリといった話題でも盛り上がれるのが好評だそう。

Youtubeでも英語に関する情報を発信しているので、動画を見れば雰囲気がつかめます。また、6/1には英会話を学ぶゲイ同士で情報交換をできるオンラインサロン(月額1000円)もスタートします。

6. JobRainbow(ジョブレインボー)

JobRainbowのホームページ画像

受講料:無料
参加対象:人事・ダイバーシティ推進部の方
申し込み方法:こちらの申し込みフォームから申し込む

▽公式情報
>>ホームページはこちら
>>Twitterはこちら
>>Facebookはこちら

弊社、JobRainbowは「LGBTの取り組みって何から始めたらいいのかわからない」 そんな企業担当者さま向けに、LGBTダイバーシティセミナーを無料提供しています。

先行きが見えない今だからこそ、より強い会社となるために人事・ダイバーシティ推進部ができることは何なのか。組織としてのサステナビリティを考えるきっかけとしてLGBTダイバーシティセミナーは非常に有益です。 また、パワハラ関連法案にどう対応していくべきなのかなど、最新情報の提供にも努めています。 定期的に開催していきますので、ご関心あるセミナーにお気軽にお申し込みください。

7. こくちーずプロ

こくちーずのサイト画像

ここまでに紹介した以外にも、多くのLGBT関連のイベントが全国で開催されています。しかし、SNS上の告知が少ない行政のイベントや、映画の特別上映会といった一回きりのイベントの告知は見逃してしまいやすいですよね。また、上記のイベントに興味はあってもなかなか日程が合わない、という場合もあるかもしれません。

そういったときに活用したいのがイベント情報サイト。開催日程や開催場所で絞り込めるのが便利です。こくちーずプロは、数あるイベント情報サイトのなかでもとりわけLGBT関連のイベント掲載が多くあります。キーワードの欄に「LGBT」やご自身のセクシュアリティを打ち込んで検索してみてください。

>>こくちーずプロ

おわりに

いかがだったでしょうか?
講座やセミナーの講師は「専門家」や「当事者」であることが多く、一次情報に触れるための最適な場です。正しい情報を学びたい、真面目に考えたいテーマについては、講座やセミナーも利用して、信頼のおける情報を集めてみるのも一つの手でしょう。本記事が、興味にあった講座/セミナーを見つける一助になれば幸いです。

コロナ禍でもつながりたい。オンラインのLGBTの居場所10選

検索

  • セクシャリティ診断ツール
  • 企業担当者の方向けLGBTフレンドリー企業マニュアル無料配布中
JobRainbow