東急不動産のLGBTの取り組みと、都市開発とのつながりとは?【ジョブレインボーLGBT仕事博2020】

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像
【開催延期のお知らせ】
新型コロナウイルスの流行状況に鑑み、3月28日(土)に開催を予定していたジョブレインボーLGBT仕事博 2020は「開催延期」とさせていただきました。

>>ジョブレインボーLGBT仕事博 2020開催延期のお知らせ

再開催の時期は未定となり申し訳ございませんが、出展予定企業のインタビューは引き続き掲載いたします。
LGBT仕事博へ出展しようと考えた企業担当者の想い、LGBTへの取り組み、仕事の魅力をご覧になり、ぜひ就職活動・転職活動にお役立てください。

2020年3月28日(土)、渋谷ヒカリエホール・ホールAで開催される「ジョブレインボーLGBT仕事博 2020」。今回は、このイベントに出展する東急不動産株式会社の松原さん、外海さん、青山さん(以下敬称略)の御三方にお話を伺いました。

  • ジョブレインボーLGBT仕事博 2020」への出展の理由とは?
  • ダイバーシティに関する取り組みの実態とは?
  • 東急不動産の新入社員には、何が求められているか?

東急不動産株式会社の、知られざる魅力に迫ります。

松原さんがお話している様子

個性を受け入れる街、渋谷 

-今回、仕事博に参加する理由やきっかけを教えてください。

松原:そもそも東急不動産は、様々な個性を受け入れる街である渋谷とともに発展してきた歴史があります。旧本社周辺の再開発事業が終わり、約4年ぶりに渋谷に本社を戻したことをきっかけに、人事部の新卒担当チームの中でLGBTに関して一層の理解や関心を強めていきたいと考え、仕事博への参加を決めました。

-御社でのダイバーシティ推進のための取り組みを具体的に教えてください。

外海:ダイバーシティ協議会が社内にあり、そこでは特に女性の活躍の推進を検討してきました。その中で、ジェンダー、LGBTに関しては渋谷ソラスタ(現:東急不動産本社)というビルの共有スペースにオールジェンダー用のトイレが設置されました。初めての取り組みでしたが、あくまで自然に存在しています。

-取り組みを実施したことで社内に変化はありましたか?

青山:オールジェンダートイレと合わせて同じフロアに礼拝堂も設置しました。でも、まだ全社向けのダイバーシティ・LGBTに関する研修はできていません。この仕事博出展を、全社に対する理解促進のきっかけのひとつにできたらと思います。

松原:4年前、建て替えのために本社の場所を移していたのですが、工事を終えて渋谷本社(ソラスタ)に移転しました。拠点を渋谷という街に移したことでホームグラウンドに帰ってきました。渋谷という街に入り込んで、街の一員として新たな渋谷を創っていく、という社内全体の想いが強まっています。

夢を持って仕事をするということ

-どんな点が御社の職場、仕事の魅力でしょうか?

松原:渋谷の街と同じように、様々な人材がいて、それぞれが自分らしく働くことができている環境だと思います。また、トップダウンではなく現場に近い担当者がプロジェクトを主体的に動かしていける点も東急不動産の仕事の醍醐味です。

新入社員の時から、「自分はどうしたいのか」を常に求められる環境です。こういった考え方は会社のDNAとしてずっと受け継がれていますね。

街づくりをする上では、様々な立場の多くの関係者の方々と一緒に仕事をしていきます。そうした関係者一つひとつの声を聞いた上でどうするかをまとめ上げていくお仕事です。

大切だと感じることは、単なる調整役ではなく自分自身の思いをどう乗せるかですね。地道なことが多いけれど本当に夢がある会社です。

外海さんが話している様子

-仕事博に参加する方へメッセージをお願いします。

外海:ここの会社では渋谷の開発という、形に残るものに携わることができます。「リゾートがやりたい」とか、「商業施設がやりたい」といった個人のやりたいことに沿える、というふうに。東急不動産には多様な方を、LGBTに関係なく受け入れる土壌があると言えますね。

青山:正直に言うと、仕事博に出展することでやっとダイバーシティのスタート地点に立ったようなものです。社内に当事者のコミュニティーがあるわけでもないし、実際に入社したらどんな障壁があるのかわからない。

「ダイバーシティ制度が整っているから安心してきてね!」とは言えませんが、ぜひ一緒に社内の風土を変えていきたいです。一緒にスタートダッシュを踏みたい、そう思っています。

松原:現在はダイバーシティ、特にLGBTに関しては本当に何もわからないことだらけのスタート時点ですので、仕事博当日は自分自身もたくさんのことを学ぶつもりです。東急不動産はバックグラウンドに関係なく、全員がフラットな状態で入社をしますし、入社後は一人の人間として相手と信頼関係を築いていくことが求められます。

自分の強みとするところを生かして活躍できる会社でありたいと思っています。当日はオープンなコミュニケーションが取れるようにしたいですね。

JobRainbow編集部から一言

「ダイバーシティへのスタートダッシュを一緒に踏みたい」と熱く語ってくださった御三方の強い想いを目の前にしました。東急不動産全体に流れる、明るくオープンな雰囲気を感じていただくことはできましたか?

街づくりを通してダイバーシティにアプローチすることに興味がある方はぜひ「ジョブレインボーLGBT仕事博2020」で東急不動産の方とお話してみてください。

>>東急不動産株式会社さんの最新情報を受取るには、「JobRainbow」に登録

仕事博で募集する職種

新型コロナウイルスの流行状況に鑑み、3月28日(土)に開催を予定していたジョブレインボーLGBT仕事博 2020は「開催延期」とさせていただきます。
 
>>ジョブレインボーLGBT仕事博 2020開催延期のお知らせ
 
企業担当者の方とお話しする機会につき、現在ご提供の目処がたっておらず申し訳ございません。各企業の採用サイトへのリンクは掲載いたしますので、ご興味のある方はぜひ下記からご応募ください!

  • 募集対象:新卒
  • 職種・業務内容:総合職
  • 採用サイト:準備中

法人名東急不動産株式会社(英語名 TOKYU LAND CORPORATION)
設立1953年12月17日
従業員数759名(2019年4月1日現在)
業務内容総合ディベロッパーとして、住宅事業、オフィスビル事業、商業施設事業、リゾート事業、シニア住宅事業、ソリューション事業、投資マネジメント事業、海外事業を手がける。
企業HPhttps://www.tokyu-land.co.jp/
本社東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ

検索

  • セクシャリティ診断ツール
  • 企業担当者の方向けLGBTフレンドリー企業マニュアル無料配布中
  • ジョブレインボーLGBT仕事博2020事前エントリー受付中
JobRainbow