【レポ】レズビアン限定恋活パーティーに行ってみた!【安全?初めてでも大丈夫?】

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像

突然ですが、レズビアンの皆さん、パートナーとはどこで出会っていますか?

出会い系アプリやレズビアンバーなど色々な出会いの場がありますが、どうしても安全面など気になってしまうところもありますよね。

今回は、

「出会いたいけどいきなり知らない人と会うのは不安…」

「レズビアンのコミュニティーもよく知らないし、どこで仲間と出会えばいいかわからない…」

という不安を抱えた方におすすめな、レズビアン限定の恋活パーティーを紹介していきたいと思います。

イベントの紹介

今回参加したパーティーは、株式会社エクシオジャパン主催のレズビアン限定恋活パーティーです。

LGBT恋活パーティーのホームページはこちら

月に数回開催されており、価格は1500円と非常にリーズナブルなので、気軽に申し込むことが出来ます。

(※回によって1000円前後変動する可能性があるので、詳しくは参加したいパーティーの概要をご覧ください。)

予約は電話予約・オンライン予約を選ぶことができ、オンラインで予約すると更に500円割引されるそうです。

パーティーの対象年齢は20代から40代と幅広く、またトランスジェンダーでレズビアンの方も参加することが出来ます。

場所はJR新宿駅南口から5分ほど歩いたところにある会場で、公共交通機関からのアクセスも非常に良いです。駅チカですが大通りからは外れた静かなところにあるので、ひっそり参加したい方にもおすすめですね。

マリアージュと、目印となるローソン
ローソン隣のビル5階「マリアージュ」が会場です。

パーティーの流れ

パーティーと聞くと、たくさんの人が混ざってランダムに交流するイメージが湧きますよね。絵的にはこんな感じ。

そんな風に不特定多数の人といきなり話すのが苦手な筆者は、「パーティー」という場にあまりいい思い出がなく…本当にうまく参加できるのだろうか!?と不安でいっぱいでした。

ですが!ご安心を。

この恋活パーティーは筆者のような人見知りでも楽しく交流できるよう、スタッフの方が一からサポートしてくれます。

早速、当日の流れを紹介していきます。

1. 自己紹介カードの記入

まず会場に着くと、受付で自己紹介カードを受け取ります。

これに自分のプロフィールを記入していき、それを後ほど相手と交換しながら話を発展させるというわけですね。

これで、「どんな話題で話をすればいいのだろう?!」と慌ててしまうことも無く、ゆっくりと相手の情報を知ることが出来ます。

記入する情報は、

・名前、年齢、出身地、職業と年収…

などの基本情報から、

・趣味、休日の過ごし方、おすすめ映画やお店、カップルになったら行きたいところ、好きなタイプ、たばこ・お酒の有無など…

という趣味嗜好の部分まで様々なので、初対面の相手でも安心して仲を深めることができます。

また、「ネコ(受け側)か、タチ(攻め側)か ※1」を10段階で記入できるところや、

HIV検査の受検について知らせられるところも、安心してパートナーを探せるポイントになっています。

これらの個人情報の記入は全て任意となっているので、あまり書きたくないことは伏せられるところも優しい配慮です。

※1 タチ・ネコ・リバなどレズビアン界隈の文化についての詳細は、こちらをご覧ください!

2. 早速交流タイム!

自己紹介カードの記入が終わったら、早速他の参加者と交流が始まります。

交流の流れとしては、1対1で話せる席がずらっと並んでおり、ローテーションで全ての参加者と話していくような形です。毎回先ほどの自己紹介カードを見せ合いながら話を盛り上げていきます。

交流タイムは1人につき5分与えられており、終了1分前になると司会の方が知らせてくれます。

また、この交流タイムでは1人話すごとに相手の印象をメモしておくチェックシートを記入することが出来ます。こちらはもちろん相手に見せることも、会場に提出することもないので、自由に感想や相性を記入しておけます。

これで、3歩歩いたら忘れてしまう筆者のようなニワトリタイプの方も、「いい人いたけど、何番の人だったっけ?!」とド忘れすることもなく安心です。

会場の内装
会場の内装。清潔感のある、おしゃれな空間となっています。

3. カップル成立の流れ

交流タイムが終わったら、いよいよカップル成立の時間です。

「最終投票カード」に、自分が「カップルになってもいいな」と思った人の番号を第1希望から第6希望まで記入することが出来ます。(記入はもちろん、任意です。)

また、カードには「まずは友達になってみたい」「人脈を広げたい」という意味で投票しても大丈夫という記載もありますので、いきなり恋愛関係に発展させるのは緊張する…という方も思い切って投票してみることが出来ます。

スタッフの方がカードの集計を終えると、いよいよドキドキのカップル発表タイムです。

今回は、15名弱ほど参加者がいた中で3組(6人)のカップルが成立しました!

カップル成立したお2人は、呼ばれた順に先に会場を出ることができます。早速ゆっくり2人で話す機会ができて、更に仲が深まりそうですね。

カップル発表が終わりパーティーは全て終了となりますが、会場の外で連絡先を交換している方もいらっしゃったので、カップル成立に呼ばれなくても今後の進展を期待することもできそうです。

参加してみての感想

町で談笑する女性たち

1. 初めてでも大丈夫?色々な不安点

今回参加してみて一番の感想としては、「想像していたよりも気楽に参加できそう!」という点です。

筆者は元々、合コンのような賑やかな場が正直あまり得意な方ではないのですが、こちらのパーティーは進行を全てスタッフの方が行ってくれる上、終始非常に落ち着いた雰囲気なので、初めてでも安心してお相手の方々と話をすることができました。

参加者の方々と話してみても、友人などの紹介で今回初めて参加したという方が多く見られた印象です。

また、「自分がレズビアンかどうか実は迷っているけど、同性の方に惹かれるのでお付き合いしてみたい」と思い切って参加していた方も何人かいらっしゃいました。

レズビアン限定パーティーと表記されてはいますが、女性と出会ってみたい女性ならこういう会に慣れていなくとも誰でも気軽に参加できそうな場だと思います。

また、恋活パーティーとはいえ初対面の人に個人情報や連絡先を知られてしまうのは不安という方もいらっしゃると思いますが、このパーティーでは知られたくない情報は先に自己紹介カードの該当欄を無記入にしておくことで自然に伏せられますし、パーティー中に連絡先の交換は行わないので、その点では非常に安心して参加できると感じました。

2. 気になる年齢層、ネコ・タチの割合

パートナー探しとなると、お相手の年齢が気になる方もいらっしゃいますよね。

このパーティーの対象年齢は、20代から40代と幅広くなっています。今回の参加者は30代あたりの方が多かった印象でしたが、対象年齢の通り20代から40代までの方々がまんべんなく参加していました。

また、タチ(攻め側)・ネコ(受け側)の割合で言うと全体的にリバ(攻め・受けどちらも大丈夫、またはカテゴリ分けできない)の方がとても多く見られ、タチ・ネコの割合もバランスよく調整されていました。(参加前にホームページの予約状況でこの割合も見ることができます。また、タチ・ネコという分け方自体をあまり好まない方もいると思いますが、予約時にタチ・ネコを選ばなくても参加することが可能です。)

これらの割合は参加する回によっても変わってくる可能性がありますが、年齢・ネコタチの比率共に極端なかたよりはありませんでした。

おわりに

寄り添い合う三人の女性

恋活パーティーと聞くと少し敷居が高いように思いがちですが、意外とそんなことはありません。

パートナー探しという意味ではもちろん、

「同じセクシュアリティの仲間が欲しい」「コミュニティーを増やしたい」

という意味でもかなりおすすめできると思います。

年内のレズビアン恋活パーティーは終了してしまいましたが、パーティー情報は随時更新中ですので、興味のある方は是非こちらからチェックしてみてください!

【徹底解説!】レズビアンが出会うには?危険性や注意点も【 友達や恋人が欲しい方必見!】

レズビアン とは?女性を愛する女性のはなし。【用語解説】

レズビアンにおすすめのバー8選【実際に行って見た】都内のビアンバー【随時更新】

検索

  • マガジンTOP
  • ライフ
  • 【レポ】レズビアン限定恋活パーティーに行ってみた!【安全?初めてでも大丈夫?】
JobRainbow