レズビアン とは?女性を愛する女性のはなし。【用語解説】

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像

レズビアンとは、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字をとったセクシュアルマイノリティの総称)の「L」に当たります。

男性でいうところのゲイと同様で同性愛者を指すため、欧米ではレズビアンの女性も自身をゲイと表現する方もいます。

日本ではレズという呼び方が有名ですが、差別的な意味で使われていた歴史もあり好まない人も多くいるため、レズビアンやビアンと呼ぶのが主流です。

(近年は自身をレズと呼ぶ人もいます。)

さて、あなたはどんな人物がレズビアンだと思いますか?

ボーイッシュでかっこいい女性?手を繋ぎあう女性アイドル?独身生活を謳歌するキャリアウーマン?

そのどれもがレズビアンである可能性があり、そうでない可能性もあります。

レズビアンとは女性の同性愛者のことですが、

え、それって単に女性が女性を好きになるってことじゃないの?と思ったあなた。

セクシュアリティの世界にはもっと多様な可能性が広がっているんです。

私はレズビアンと言っていいのかな…?

そんなお悩みを抱えるあなたに読んでいただきたいです。

※自分がLGBTに当てはまるのかわからない!という方はこちらもぜひ読んでみてください。

様々な5人の人が並んでいる

自分はレズビアンか? 診断してみよう。

女性が好きだけど自分の性別がわからない…私はレズビアンと言っていいの?

自分自身を「女性である」と断言している人が女性を好きになった場合は「私、レズビアンです」と言いやすいかもしれません。

ですが女性を好きになる人の中には自分自身の性別を断言できない人もいます。

その場合、どういう人がレズビアンと言えるのでしょうか?

セクシュアリティを診断するときに見る、以下の4つの観点があります。

①身体的性(セックス)

 出生時に割り当てられた性

②性自認

 自身をどの性別だと思うか

③性的指向

 恋愛感情や性愛の対象を、どの性別に向けているか

④性表現

 自身が社会的に振る舞う性

【この4つの観点についてはこちらに詳しく記載されています】

この観点からレズビアンをみるとすると、

①身体的性と④性表現 → 人によって自由でいい

②性自認       → 女性

③性的指向      → 同性の女性

となります。

そのため、同じ「女性が好き」というものでも、こんなふうに考えることができます。

・戸籍上は女性で、自分でも女性だと自認している。  → レズビアン

・戸籍上は女性だけど、自分では男性だと自認している。→ ヘテロセクシュアル(異性愛)のトランスジェンダー男性

・戸籍上は男性だけど、自分では女性だと自認している。→ レズビアンのトランスジェンダー女性

・戸籍上は男性で、自分でも男性だと自認している。  → ヘテロセクシュアル

また、同じ「女性が好き」でも、「男性や他の性別の人も好き」となると、また違ったセクシュアリティである可能性があります。

・女性だけが好きになる。   → レズビアン

・女性も男性も好きになる。  → バイセクシュアル(両性愛)

・性別に関わらず好きになる。 → パンセクシュアル(全性別愛)

つまり、あなた自身が自分を女性だと認識し、愛する人が女性だけなら、あなたはレズビアンとなります。

太陽に照らされる2人の人

レズビアンには女役・男役ってあるの?

そもそも同性カップルにおいては、「男性役」「女性役」といったものが必ずしも決まっているわけではありません。

カップルたちが自分と相手がどういう関係性でいるかは、それぞれ違います。

ですが、そのうえで、レズビアンのコミュニティのなかのカルチャーとして「フェム」「ボイ」「ネコ」「タチ」「リバ」という言葉は存在します。

「フェム」「ボイ」は見た目について、「ネコ」「タチ」「リバ」は性的役割について説明する際に使われる言葉です。

まず「フェム」は見た目が女性的な、「ボイ」は見た目が男性的な人を指すときに使われるのですが、これは単純に女役・男役を表すわけではなく、あくまでも性表現を指した言葉。

この性表現とは「社会的にどう見られたいか」で変わるため、性自認に関係なく選ぶことができます。

例えば身体的性も性自認も女性ですが、ファッションや振る舞いは男性的な場合、性表現が男性寄りであると言えます。

異性愛者の男性が「ショートカットのかっこいい女性が好き」というのと同じように、レズビアンも「可愛らしい女性が好き」「かっこいい女性が好き」と、人それぞれに当然好みがあります。

次に「ネコ」は性行為や恋愛関係上で受け身(女性的役割)、「タチ」は性行為や恋愛関係上で能動的(男性的役割)を表す言葉で、どちらも可能な場合「リバ」と表現します。

これは見た目にかかわらず、性行為や恋愛関係上、自分がどの立ち位置が得意か、または好むかを表すのですが、この場合女役・男役が当てはまると言えるでしょう。

ですが必ずしもどちらかに分かれるわけではなく、「タチ寄りのリバ(どっちもできるけど攻める方が多い)」のように中間的な表現をする人も多いです。

女役・男役は性的役割としてある人もいますが、恋愛関係を築く際に重要視されるとは限りません。

また、女性的だから”受け身”、男性的だから”能動的”と言うのも性別に基づいた考え方であることに間違いなく、ここに疑問を感じるレズビアン当事者も少なくはありません。

安易にレズビアンであるからと言って、男役、女役が存在するといった前提を持って接するのは危険です。

基本的に”フェム”や”ボイ”といったこれらのワードは”本人たちが自称するもの”であり、他人が決めることはできないのです。

フェム同士やボイ同士のカップルがいたり、そもそもフェムでもボイでも関係ないカップルもいます。

見た目も性的役割も自身が自由に選べるため、女役・男役と一括りに分けることは難しいんですね。

レズビアンの有名人っているの?

Ayabanbi

顔にアートメイクをしたAyabanbiの二人。KENZOとH&Mのコラボ広告。

(画像引用元:http://www.ayabambi.net/)

紅白にて椎名林檎のバックダンサーとして、ミステリアスなビジュアルと、シンメトリーのダンスを披露し話題を集めたAyaBanbi。

彼女たちは、レズビアンカップルであったことを公表して活動をしています。

海外でもその独創的なパフォーマンスが評価され、様々なアーティストとのコラボして作品を作り続けている二人は、日本のレズビアンたちのロールモデルとして、カップルとしても、アーティストとしても輝いて見えます。

海外では記者会見やパパラッチのスクープにてよくレズビアンカップルの著名人たちが取り上げられていますが、日本はまだレズビアンを告白している有名人はそれほど多くありません。

歴史上にも、男色であったとされる人物はよくメディアでも取り上げられているのに、レズビアンであった歴史上の人物はあまり語られてきていません。なぜなのでしょうか?

指切りをする手

日本でのレズビアンの歴史が浅いと言われる理由

日本だけではありませんが、長年「女性は結婚まで貞操を貫くべき」という教育がされていたこと、また歴史的記録を残される立場には男性が女性より圧倒的に多かったことから、当事者がいたとしても記録に残す、という段階にまでいかなかったことが、あまり資料が残っていない理由だと考えられます。

そんな中、1911年に女子学生たちの心中事件が報道され、社会はレズビアンというものに対して「変態性欲だ」という偏見を持つようになってしまったとされています。

そんな時代の逆風にふかれながらも、作家や画家たちがレズビアンについて取り扱う作品を広めようと努力していました。

ミニコミ誌形式で『すばらしい女たち』『ザ・ダイク』『ひかりぐるま』などが代表して刊行されています。

肩を組み空をあおぐ二人

「レズビアン」は、「性癖」のカテゴリーではない

Google検索で「レズ」と検索すると、まず出てくるのはアダルトサイト。

これはとても悲しいことではないかと、JobRainbowは考えます。

今でもマンガやライトノベルなどで「レズ」や「百合」という表現がされることで、「まるでレズビアンがアダルトジャンルのカテゴリーのひとつである」ように見られてしまうことが、彼女たちの心を無視し、傷つけてきました。

レズビアンはけして「女性同士で性行為をすること」だけを望んでいるわけではないことを、忘れてはいけません。

当事者以外の人たちに「レズ」と呼ばれ、そういった視線で見られるのではないかと不安になってしまう。

もっともっとレズビアンに対するゆがんだイメージを取り払い、ヘテロセクシュアル(異性愛)と変わらない、「相手に惹かれているからこそ人を愛する」心が尊重されるよう、社会が変わっていくことを望みます。

レズビアンについて扱った映画 邦画&洋画

心から相手を愛し、愛し合うレズビアンの感覚に少しでも触れてみたくても、想い人がなかなかできなかったり、周囲に話せる人がいないと、なかなかそれができません。

そういう時は、昔から「物語」に人々は「自分たちと同じ目線で生きている人物」を探し求め、それを大切にしてきました。

映画やドラマにも、レズビアンについて描いている作品はたくさんあります。

中にはレズビアンをコメディの道具のように扱った作品もあるのですが、真摯にセクシュアリティと向き合って描かれている物語も、またたくさんあります。

その中から今回は2つ。「恋人になる前の二人」を描いた作品と、「レズビアンカップルとして家族になった二人」を描いた作品を、レズビアンカップルのロールモデルとしてご紹介します。

▼恋人になる前のレズビアンを描いた映画

『blue(2003)』

blue

マンガが原作のこちらの作品。

少女が初めて誰かを好きになったけれど、相手は自分と同じ女性。それっておかしいのかな……と思いつつも、彼女のことが忘れられない。そんな切ない青春の1ページ。

▼レズビアンカップルとして家族になった二人を描いた映画

キッズ・オールライト(2010)

キッズ・オールライト

レズビアンカップルの二人には、それぞれ精子提供を受けて授かった娘と息子がいる。

でもある日、子どもたちが「精子提供者に会いたい」と言いだして……。

レズビアンの家族の悲壮感はこの映画にはありません。あくまでも「ひとつの家族」として描かれた「ちょっとした」事件を、楽しんで見ていただきたい作品です。

おわりに

この記事で、レズビアンのことについて、少しだけでもお話しすることはできたでしょうか?

自分の周りには当事者の人がいなくて、なかなか相談できないという人のために、一部の行政機関やNPO法人では、当事者同士の出会いの場や意見交換会を開催しているところもあります。

当事者の仲間たちと、それ以外の人たちと、自分たちの嬉しかったことも悲しかったことも当たり前になんでも打ち明けられる未来を目指して。

JobRainbow