LGBTの社員が語る、人財会社エージェントの取り組みや魅力【ジョブレインボーLGBT仕事博2020】

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像
【開催延期のお知らせ】
新型コロナウイルスの流行状況に鑑み、3月28日(土)に開催を予定していたジョブレインボーLGBT仕事博 2020は「開催延期」とさせていただきました。

>>ジョブレインボーLGBT仕事博 2020開催延期のお知らせ

再開催の時期は未定となり申し訳ございませんが、出展予定企業のインタビューは引き続き掲載いたします。
LGBT仕事博へ出展しようと考えた企業担当者の想い、LGBTへの取り組み、仕事の魅力をご覧になり、ぜひ就職活動・転職活動にお役立てください。

2020年3月28日(土)、渋谷ヒカリエホール・ホールAで開催される「ジョブレインボーLGBT仕事博 2020」。今回は、本イベントに出展する株式会社エージェント、ヒューマンリソース事業部の芦田真子さんにお話を伺いました。

芦田さん自身、セクシュアリティがクエスチョニングのLGBT当事者。そのこともあってか、ダイバーシティの推進に対して、人一倍の熱量を感じられました。

  • ダイバーシティ研修をした結果、会社はどう変わったか?
  • 当事者の方がいる企業だからこその工夫とは?
  • 株式会社エージェントでは、どんな人が求められているのか?

芦田さんにお聞きしました。

〈ジョブレインボーLGBT仕事博 2020〉
参加予定企業30社超、日本最大規模のLGBTフレンドリーな合同採用イベント「ジョブレインボーLGBT仕事博 2020」は、2020年3月28日(土)開催予定!

>>詳しく知る
>>入場予約する

ダイバーシティ研修の結果、同志ができた。

-御社で取り組まれている、ダイバーシティ推進のための取り組みについてお聞かせください。

芦田:エージェントは人財会社なので、社内だけでなくクライアント様やお客様にも色々な人がいるという視点を非常に大切にしています。そして海外拠点も含めて7つの地域に拠点があるので、誰もが働きやすい環境創りをひとりひとりが考えていくために新人研修にダイバーシティ研修を取り入れています。

そのほか、有志でダイバーシティ推進ミーティングを行っています。LGBTだけでなく、インドオフィスが立ち上がったことにより外国人メンバーが入社し、女性の働きやすさも考えていきたいといったニーズも高まっていたので、制度や規則の改善提案をしていくようになりました。

また、拠点に関わらず全社横断で社内の「困った」解決を行う「解決ラボ」というものがあり、そこにLGBTの人のコミュニティを設けました。セクシュアリティ不問で参加でき、チャットを通してLGBTに関するポジティブなニュースの発信、LGBTに関する映画やイベントの共有を行えるようになっています。

-取り組みを導入してから、社内にどんな変化がありましたか?

芦田:新人研修を受けた人からは、「ダイバーシティやLGBTという言葉を知らなかったのですごく新鮮だった」という意見や「自分の身近に困っている人がいることを知られて、決めつけた考え方、言葉遣い、行動を見直さないといけないんだなと意識が変わった」、「自分の周りにもそういう友人がいたが、知っているだけでなく、さらに周りにポジティブな影響を与えられるような活動をしたいと思った」といった感想を聞きました。

社内でマイノリティに対する認知が広がり、ダイバーシティ推進に一緒に取り組める同志が増えていきました。それにより、社内の雰囲気や意識が変化し、新たな制度などを作りやすい環境になりました。

魅力は、「自分で動ける」こと。

-どのような点が会社・職場・仕事の魅力だと考えていますか?

芦田:仕事のマストの部分に限らずに、個々人で主体的に考えながら、「困った」に対して事業を起こしたり、プロジェクトを動かしたりできるところが魅力だと思います。

エージェントでは「次代を創る」というミッションを掲げていて、良い未来を創って次の世代に繋げていこうという思いが込められています。会社としての目的は統一されていますが、良い未来の創り方は一つではないですし、社会の「困った」も人それぞれ違います。事業で解決するのか、プロフェッショナルとなって解決するのか、働く仕組みをつくって解決するのかなど、アプローチの仕方は様々です。様々なんですが、エージェントではそういった「困った」を解決できる課題解決人財を創っていきたいと考えています。

「あなたがこれから何をしたいか」を聞きたい。

‐今回、ジョブレインボーLGBT仕事博に参加する理由やきっかけをお聞かせください。

芦田:私たちは実は、2018年にもJobRainbowのLGBT合同企業説明会に参加させていただいています。すごくいいイベントだったし、今後もぜひ参加させていただきたいと思っていました。また、私たちの本社がある渋谷でのこのようなイベントに参加すれば、エージェントの全国6拠点で採用していく求職者にもエージェントの求人を通してLGBTやダイバーシティを認知していただけるのではないかと考えたこともひとつのきっかけです。

-仕事博の来場者とどんなお話をされたいですか。

芦田:私たちの採用選考では、その方の過去よりも未来を大切にしています。学歴、職歴といった「今までしてきたこと」は参考にはしますが、重要視はしないんです。そのようなところに囚われずに、今後何をしていきたいのかを話したいと思っています。「今までできなかったことができるようになりたい」など、目の前のことでも良いです。

たとえば今までのメンバーだと、「セールスで頑張って会社を大きくしていきたい」、「クライアント様の大きなプロジェクトを任せてもらえる人財になりたい」などの仕事の内容に関することだけでなく「起業してみたい」という人や「家族ができた時により良い社会の状態にしておきたい」という思いを語ってくれた人もいました。

-最後に、ジョブレインボーLGBT仕事博の参加者へメッセージをお願いします。

芦田:今回の募集職種は「セールスPRプランナー」という営業領域です。クライアントのセールス・営業の「困った」を解決していくお仕事です。

経験未経験は関係なく、意欲のある方に来ていただきたいです。仕事だけでなく会社のビジョンとしてある「次世代のエージェントになる」という、次の世代に向けて良い未来を創りたいという気持ちに共感できる方がいれば、ぜひお話を聴かせてください。

お仕事を通してスキルアップをし、身に着けた営業力はどこにでも応用できます。未経験でもチャレンジできる環境なので、まずは色々なことに挑戦してみようという気持ちがある方はぜひ飛び込んできてください!

JobRainbow編集部から一言

エージェントの社員の方ひとりひとりが「あらゆる人が働きやすく、生きやすい社会にしていこう」と思って働かれていると強く感じました。また、自身のセクシュアリティがクエスチョニングであるという芦田さんだからこそ熱量も感じました。

「次の世代に向けて良い未来を作りたい」

「社会の『困った』解決に取り組みたい」

「セクシュアリティにとらわれずに、いろいろなことにチャレンジしてみたい」

そんな方は、ぜひ株式会社エージェントさんのブースに足を運んでみてください。

>>株式会社エージェントさんの最新情報を受取るには、「JobRainbow」に登録

仕事博で募集する職種

新型コロナウイルスの流行状況に鑑み、3月28日(土)に開催を予定していたジョブレインボーLGBT仕事博 2020は「開催延期」とさせていただきます。
 
>>ジョブレインボーLGBT仕事博 2020開催延期のお知らせ
 
企業担当者の方とお話しする機会につき、現在ご提供の目処がたっておらず申し訳ございません。各企業の採用サイトへのリンクは掲載いたしますので、ご興味のある方はぜひ下記からご応募ください!

法人名 株式会社エージェント
設立 2004年
従業員数 280名
業務内容 ソリューション事業
・人財派遣・紹介・アウトソーシング
・人材採用・システム開発
・インターネット広告
企業HP https://agent-network.com/
本社 東京都渋谷区宇田川町33-7 アイ・アンド・イー渋谷ビル4F

検索

  • セクシャリティ診断ツール
  • 企業担当者の方向けLGBTフレンドリー企業マニュアル無料配布中
  • ジョブレインボーLGBT仕事博2020事前エントリー受付中
JobRainbow