ソフトバンクがLGBTフレンドリー採用イベントに出展する理由とは【ジョブレインボーLGBT仕事博2020】

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像
9月26日(土)、27日(日)にオンライン開催いたしました、「ジョブレインボーLGBT仕事博2020」は大盛況のうちに終えることができました。来場してくださったのべ1103名の皆様、ありがとうございました!
本イベントの反省もふまえて、私たちJobRainbowはこれからもあなたの「自分らしく働ける職場」を探すために情報を発信していきます。
今後ともJobRainbowをよろしくお願いいたします。

2020年9月26日(土)・27日(日)、オンラインで開催される「ジョブレインボーLGBT仕事博 2020」。今回は、本イベントに出展するソフトバンク株式会社 人事本部の石田恵一さん(以下敬称略)にお話を伺いました。

ぜひこのコラムを読んで、多様なバックグラウンドを持った人々が活躍しているソフトバンクの雰囲気を感じてみてください!

-今回、ジョブレインボーLGBT仕事博に参加する理由やきっかけをお聞かせください。

石田:現在弊社は、既存の通信事業を成長させながら、新領域にも事業を拡大しているところです。LGBT仕事博は、私たちと一緒に積極的に新しいことに挑戦をしてくれるような方々と出会える機会なのではないかと思い、参加することにしました。

-ではなぜ、LGBTフレンドリーな採用イベントに?

石田:LGBTを特別視しているわけではありませんが、より良い人材に巡り会うチャンスを逃さないようにしたいと考えたからです。求める人材に出会える機会というのはどこにあるかわかりませんし、多様なバックボーンをもった様々な人材に出会えるチャンスと捉えて参加を決めました。

2019年3月Real JobRainbow出展時の様子
(2019年3月Real JobRainbow出展時の様子)

-御社で取り組まれている、ダイバーシティ推進のための取り組みについてお聞かせください。

石田:まず、ソフトバンクの人事ポリシーとして、「挑戦する人にチャンスを」という考え方があります。挑戦する人が成長できる機会をガンガン提供していこうという考え方ですが、ダイバーシティでは、年齢や国籍、ライフステージなどの阻害要因があることによって、本当は挑戦したいのに挑戦できないということにならないよう、誰もが挑戦できる環境づくりを目指しています。

石田:LGBTに関する具体的な制度としては、配偶者を持つ社員を対象とした結婚休暇や慶弔見舞金などの社内制度を同性パートナーに適用したり、SOGIを理由にした差別禁止規定の明文化などに取り組んでいます。また、社員向けのeラーニングや管理職向け研修でも、LGBTについて扱っています。社員は販売職なども含めて、全国で約1万7,000人いますが、eラーニングの受講率は90%を超えており、LGBTについて学ぶ機会の提供は進んでいるのではないかと思います。

石田:他にも、中心メンバー10人ほどから成る社員のALLYコミュニティもあります。そこでは、LGBTへの理解を深めるための映画鑑賞会や他社との交流会、月に1度の社内メルマガ配信などを行っています。

石田:社内から反響があったのは、「東京レインボープライドのパレードを一緒に歩こう」という企画でした。パレードの沿道にソフトバンク表参道店があり、レインボーの旗を出していたんです。メンバーがパレードで歩いていると「ソフトバンク頑張って」と沿道の方から声をかけてもらえて、直接そういった応援をもらえるのは嬉しい体験でした。

東京レインボープライド開催時のソフトバンク表参道の装飾(2018年5月撮影)
ソフトバンク表参道の装飾(2018年5月撮影)
ソフトバンク公式サイトより

石田:また、LGBTだけに限った話ではなく、社内では性別等を理由に待遇が異なることは基本的にありません。社員みんなが平等に評価される環境が整っています。ちなみに、結婚や出産を理由にした退職はほとんどなく、2018年度の育児休業からの復職率は97%を超えています。

-取り組みを導入してから、社内にどんな変化がありましたか?

石田:まだまだ継続的な啓発活動が必要な状況ですが、今までの取組みによって、社員に一定の知識は根付いてきています。社内のALLYコミュニティを通して、カミングアウトする人がいたり、社員同士の繋がりができたり、少しずつですが変化が見えてきました。

-これからやっていきたい施策などはありますか?

石田:まずは、取り組みの継続です。制度だけつくって満足するのでは意味がないので。カミングアウトを押し付けるつもりは全くありませんが、もしそういう気持ちになったら気軽にできるような、そういった環境を目指して啓蒙活動を継続していきたいです。また、人事だけでこれを牽引していくのではなく、より多くの人を巻き込むためにも、有志のコミュニティとも協力していきたいですね。

社員の数が多く、勤務地もさまざまなため、ダイバーシティに対する意識を変えるには丁寧に、また確実に活動を続けることが最も大切だと考えています。

-どのような点が会社・職場・仕事の魅力だと考えていますか?

石田:「挑戦する人にチャンスが与えられること」「自分で手を上げてやりたいことに挑戦できる環境があること」が弊社の魅力です。

石田:ソフトバンク自体が長い年月をかけ、様々な業界を通過しながら成長してきた企業なので、多様なカルチャー出身の人々が一緒に働いています。大企業ならではの堅実なワークスタイルや、ベンチャー企業のような勢いのある働き方を好む方、また外資系のような日本とは異なる観点を持った方など、ビジネス的ダイバーシティが社内全体に広まっているという元々の環境が、だれの挑戦でも受け入れられるような社風の根底にあるのだと思います。

石田:また、新卒中途や、出身も関係ありません。多様性を許容してきたからこそ、それぞれの良い所を混ぜ合わせることで成長できたと考えています。

石田:様々なテクノロジーを扱う事業をしているので、新しいことにどんどん挑戦したい人にもオススメです。

ソフトバンク株式会社の社員2人が笑顔で向かい合う様子

-最後に、ジョブレインボーLGBT仕事博の参加者へメッセージをお願いします。

石田:事業に興味を持っていただいて、一緒にソフトバンクでチャレンジしたいという方は是非会いに来て私たちの雰囲気を知ってください。採用へ応募していただければ嬉しいです。

JobRainbow編集部から一言

ダイバーシティのある会社を元から目指していたわけではなく、事業拡大の結果として自然に社内のダイバーシティが生まれていったというお話が印象的でした。今後もいろんな分野の事業を通して、日本だけでなく世界で活躍していくソフトバンクから目が離せません。

LGBTフレンドリーな企業風土が、他の企業にとっても「あたりまえ」になるよう、私たちJobRainbowも活動を継続していきます!

LGBT仕事博で募集する職種

募集職種:新卒・キャリア・販売クルー

法人名 ソフトバンク株式会社  
設立 1986年12月9日  
従業員数 約17,100人  
事業内容・移動通信サービスの提供
・携帯端末の販売
・固定通信サービスの提供
・インターネット接続サービスの提供
企業HP https://www.softbank.jp/
本社 東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング

>>ソフトバンク株式会社の最新情報を受取るには、「JobRainbow」に登録

検索

  • セクシャリティ診断ツール
  • 企業担当者の方向けLGBTフレンドリー企業マニュアル無料配布中
JobRainbow