『勇気づけられた・じぶんの良さに気づいた』イベント企画インターン体験談①【都内私立大学3年生の方】

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像

「インターンに行って、ほんとうに成長できるのか知りたい」

「LGBTフレンドリーなインターンってほんとうにフレンドリーなのか知りたい」

「インターンに参加した人の声を聞きたい」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

さて、最近はインターンが大事だとよくいわれます。なぜなら、インターンは

  • 会社・社員の雰囲気をじぶんの目でたしかめることができる
  • じぶんのスキルや弱みを実践的にたしかめることができる
  • 会社の情報を得ることができる

といった利点を兼ねそなえているからです。

そうした理由からか、19年卒の学生は「5人に4人」がインターンに参加した経験があるなど、多くの学生がインターンに参加しています。

しかし、

「インターンってなんだか尻込みしちゃうなあ」

「インターン先で傷つくような発言をされるかもしれない」

「LGBTフレンドリーなところなら参加したい」

そう思っている方も多いかもしれません。

そこで今回は、2018年夏におこなわれた「賢者屋×JobRainbowイベント企画系1DAYインターン」に参加した「すぅさん」の体験談をご紹介します。

あなたがインターン参加をするきっかけとなれば嬉しいです。

「すぅさん」の基本情報

  • ニックネーム:すぅさん
  • 大学:明治学院大学
  • 学年:3年

今年(2018年)の2月に、タイで性別適合手術を受けたMtFの方です!

「じぶんにぴったりだったから」

——まず、このイベントに参加したきっかけは何ですか?

JobRainbowに登録していて、新着の求人を見て知りました。

まだインターンに行ったことがなかったんですが、行くとしたらLGBTフレンドリーなところがいいなと思っていました。それで、情報を見てみたらじぶんにぴったりだったから、選びました。

「緊張したけれど、みんな明るくてよかった」

——参加してみて、会場の雰囲気はどうでしたか?

会場の雰囲気は、インターンに行くのがはじめてで緊張してたんですけど、みんな明るくてよかったです。最初はインターンに参加するのはハードルを感じていて、真面目なものを想像していたんですけど、——賢者屋も真面目でためにはなるのですが——会社の雰囲気としてはやわらかくて。

みんな全然堅い感じではなくてフレンドリー。スタッフの皆さんも、態度からそれが伝わってきました。すごくやりやすかったです。

「賢者屋のみなさんは、すごくのびのび・じぶんらしく」

——株式会社・賢者屋さんに対して、どんな印象を抱きましたか?

皆さんのびのびとやっていましたね。皆さんのお話も聞いたんですが、それぞれが堅苦しくなくて、自分らしくやっていけるようなところだな、という印象でした。

「勇気づけられた・じぶんの良さに気づいた」

——インターンを通して勉強になったこと・成長できたことはありましたか?

はい。正直、就活に対しての意識があまりなくて——未来へのこと、自分の事情もあって——敬遠していました。

でも今回のインターンに参加してみて、(企業にも)LGBTフレンドリーなところがあって、差別されないで就職できるんだな、と。ほかの人とも話して、いろんな人がいるんだと知ることができて、勇気づけられました。

また、人と話すのは得意じゃないと思っていました。でもグループワークをやってみて、自分も意外とそういう(人と話したり)意見をまとめたりすることができるんだな、と気づけました。

ただ、時間が短い中だったので、グループで話をはやく進めてしまって、ターゲットはどこか、方法はなにかといった最初のところがなかなかきちんと決められていなかったりして、とにかく難しかったです。

もし次回があれば、最終的なところまで、ぶっつけ本番じゃなくてきちんと見通しを立ててやりたいな、と思いますね。

「懇親会では、LGBTサークルの運営・手術の話で盛り上がった」

——懇親会*では、ほかの参加者と交流できましたか?

*懇親会とは、インターンの終了後に開かれる「スペシャルパーティ」のこと。飲みものや食べものが用意され、グループ外の人やもっと話したい社員の人と懇親を深めることができる。

交流できました。グループの人とも話しましたし、グループ以外の人とも話せました。

私はLGBTサークルの代表をしているのですが、ほかのサークルの代表と話して運営のことを聞いて盛り上がったり。あと、(性別適合)手術のこととかも。2月にタイで性別適合手術を受けたんですけれど、逆にFtMの人のことは全然わからないのでその人と話したり。初対面の人でも、共通した話題があったから話しやすかったですね。

さいごに一言!

——ではさいごに、参加を迷っている人に一言をお願いします!

私もすごく迷っていました。でも行きやすい雰囲気、やりやすい雰囲気でした!

——インタビューを受けてくださり、どうもありがとうございました!

ありがとうございました!

以上、「すぅさん」のインターン体験談でした!

「すぅさん」の話を聞いて、

「じぶんもインターンに行けば成長できるかも!」

「LGBTフレンドリーなインターン、面白そう!」

「じぶんもインターンに行ってみたい!」

と思ってくださったのであれば幸いです。

☆【次はこちら!】本インターンの第二弾《サエさん》のインタビュー記事はこちら☆

LGBTQ+のライフとキャリアを支えるメディア「JobRainbow Magazine」は月間読者30万人超えの、

LGBTQ+のライフとキャリアを支える国内最大のLGBTメディアです。

日本初のLGBT転職・就活サイト JobRainbow が運営しています。

 

今なら、LGBTQ+フレンドリー企業の求人一覧が見れたり、

交流会などのオフィシャルイベントの情報を見ることができます。

ぜひこちらからご登録お願いいたします。

JobRainbow