【7人に1人?】実はLGBTの割合には賛否両論あるって知ってた?【5/1更新】

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像

人口に占めるLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーといわれる性的マイノリティの総称のひとつ)の割合をご存知だろうか。

「クラスに1人じゃなかったか……?」
「13人に1人!」
「30人に1人、じゃなかったっけ?」など、意外と意見がばらけるかもしれない。

そこで今回は、日本と欧米におけるLGBTの割合を、最新データで紹介する。

また、LGBTの割合にまつわる賛否両論も取り上げるので、「LGBTの割合があまりわからない、自信がない」という人はもちろん、「LGBTの割合には自信がある!」という人にも驚きのデータがあるだろう。

☆あわせて読んでおきたい

LGBTの有名人は誰だろう?と思った方は、

LGBTを公表している有名人まとめ 日本&海外

LGBTはそもそも何だっけ?と思った方は、

LGBTとは?今だからこそ、確認したい基礎知識

LGBTの割合(日本編)

虹色のもやもや

日本のLGBTの割合については、いくつかの調査がされてきた。

調査した団体LGBTの割合(およそのパーセンテージ)LGBTの割合(何人に1人)データの年
株式会社電通8.9%11人に1人2018年※1
株式会社 LGBT 総合研究所(博報堂DYグループ)8.0%13人に1人2016年※2
日本労働組合総連合会8.0%13人に1人2016年
名古屋市総務局総合調整部男女平等参画推進室
1.6%100人に1人2018年
「働き方と暮らしの多様性と共生」研究チーム(協力:大阪市)new3.3%/8.2% ※333人に1人/13人に1人2019年

※1 2015年調査では、7.6%。2012年調査では、5.2%。

※2 ここでいう「LGBT」は、「セクシュアルマイノリティ全般」を指す。ただし、当該リンク先の調査記事では「LGBTに該当する人は約5.9%(レズビアン:1.70%、ゲイ:1.94%、バイセクシャル:1.74%、トランスジェンダー:0.47%)、またL・G・B・TにあてはまらないAセクシュアルなど、その他のセクシュアルマイノリティに該当する人は約2.1%となった」というように、LGBTをレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーに限定していますが、趣旨に違いはない)

※3 3.3%は、「ゲイ・レズビアン」「バイセクシュアル」「トランスジェンダー」「アセクシュアル」の合計割合。8.2%は、「ゲイ・レズビアン」「バイセクシュアル」「アセクシュアル」「決めたくない・決めていない」「トランスジェンダー」の合計割合。

このように、日本の民間団体による調査では、「LGBTは人口の約8.0%(2016年)」つまり「13人に1人」が通説となっている。

13人に1人という割合は、全人口における「佐藤」さん・「鈴木」さん・「高橋」さん・「田中」さんの割合(約5%、20人に1人)よりも多い。

LGBTと名乗る人が「増えている」要因として、今までは自分がLGBTであることを否定したり隠したりしていたが、LGBTの理解が進みつつあるなかで「自分もLGBTなのかもしれない」と受け入れ、自認できる人が増えたからかもしれない。

また、民間団体による調査結果に対して疑義を呈する声もある。

名古屋市がおこなった調査では「LGBTは1.6%」という結果が出た。一方「国立社会保障・人口問題研究所」の研究グループが行った調査では、「LGBTAは3.3%」という結果も(ただし、「決めたくない・決めていない」を含めると8.2%)。

割合についての賛否両論

クエスチョンマーク

日本におけるLGBTの割合に関してはさまざまな賛否両論がある。

1. 「モニタ型ウェブ調査」は不正確?

電通・博報堂・日本労働組合総連合会のおこなった調査は、いずれも「モニタ型ウェブ調査」による。

この調査方法は安価に大量の回答をもらえるというメリットがある一方、正確性に欠けるという指摘がある。

(・・・)この方式の調査は、調査する側が知りたいと考える社会集団全体から、誰もが等しい確率で選ばれる確率標本抽出を経て得た数値ではありません。「7.6%」の「LGBTなど」が「出現」したからといって、日本のLGBT等の比率が「7.6%」であるとは言えないのです。(『はじめて学ぶLGBT』P. 229より)

確率標本抽出」とは、「明らかにしたいと考える社会集団(母集団)の中から、等しい確率で調査対象者が選ばれるようなしくみ」(『はじめて学ぶLGBT』P. 112)のこと。「モニタ型ウェブ調査」の調査対象者が「確率標本抽出」という手続きを経て得られた人たちではないために、調査結果をそのまま日本全体の人口比や傾向とするには根拠が薄い、と指摘されている。

なお、2019年4月に発表された「働き方と暮らしの多様性と共生」研究チーム(協力:大阪市)による調査はこの「確率標本抽出」を経たもので、電通の調査結果とは大きく異なったため、話題となった。

2. 「答えたくない」「怖い」という当事者

他方、「答えたくない」「怖い」という当事者の存在から、正確とされる調査手法でもLGBTの割合が少なく出てしまうのではないか、という指摘もある。

たとえば、名古屋市の調査では「LGBTは1.6%」という結果となった。これは民間団体による調査よりもかなり少ない割合となっていますが、この調査にも次のような問題点が「レインボーなごや」から指摘されている

  • 調査票を見られたり個人が特定されたりする可能性への不安から、調査票でカミングアウトできない
  • アンケートが自分に送付されてきたことに不信感をもった
  • 性別の選択が「男性」「女性」しかなかった
  • 上のことから、「無回答」などを選んでしまう当事者がいたかもしれない

また、「働き方と暮らしの多様性と共生」研究チームの代表者・釜野さおりも、次のように述べている

どの調査もそうですが、回答しなかった方の状況は知りようがありません。自分には関係ないとして答えなかった人もいるでしょう。また当然ですが、性に関する問いに正直に書くことを躊躇する人は、回答しなかったか、実際とは異なる回答をした可能性は多いにあります。

このように、調査はつねに無回答や実際とは異なる回答の可能性がつきまとっている。

3. 調査対象者の年齢による偏りの可能性

電通や博報堂の調査では、調査対象者が「20~59歳」となっている。そのため、高齢者の結果は反映されていない。

名古屋市の調査では、調査対象者が「18歳から70歳以上まで」となっていたが、年齢別で見てみると18-29歳の男性では「約4%がLGBT当事者」、18-29歳の女性では「8%がLGBT当事者」と回答している。

このように、回答者が若いほどLGBT当事者と答える可能性が高いとも言えるかもしれない。そのため、調査対象者の世代にも気を配る必要があるだろう。

LGBTの割合(欧米編)

地球儀上のヨーロッパ

日本と欧米では、調査により示されたLGBTの割合は大きく異なる

最近の調査結果を参照できる国や地域だと、以下のようになっている。

国・地域名LGBTの割合(およそのパーセンテージ)LGBTの割合(何人に1人)データの年
アメリカ(Gallup社調査4.5%22人に1人2017年
ヨーロッパDalia社調査5.9% ※110% ※216人に1人2016年
スペイン6.9%15人に1人(同上)
イギリス6.5%15人に1人(同上)
ドイツ7.4%13人に1人(同上)

※1 5.9%は、「レズビアン/ゲイ/バイセクシュアル/トランスジェンダーだと自認するか」に、「はい」と答えた人の割合。
※2 10%は、[完全に異性愛 / ほとんど異性愛、ときどき同性愛 / おなじくらいに異性愛と同性愛 / ほとんど同性愛、ときどき異性愛 / 完全に同性愛 / 無性愛(アセクシュアル) / 言いたくない]のうち、「完全に異性愛」以外の答えを書いた人の割合。

このように、地域によってかなりのばらつきがあることがわかる。

スペインでは14%! 世代差の話

グラフと資料

日本の調査では世代差がわからない一方、欧米の調査では世代差が判明している。

注目すべきなのは、若い世代ほどLGBTと名乗る人が多い、という点だ。

国・地域名(世代)LGBTの割合(およそのパーセンテージ)LGBTの割合(何人に1人)データの年
アメリカ1980-1999年生まれ
(2019年現在、20-39才)
8.2%22人に1人2017年
ヨーロッパ1987-2002年生まれ
(2019年現在、17-32才)
  2016年
スペイン14%7人に1人(同上)
イギリス12%8人に1人(同上)
ドイツ11%9人に1人(同上)

若い世代だと約7人に1人がLGBT、という地域もあることになる

日本でも世代ごとに調査したら、もしかするとLGBTが10%以上になるかも……?

まとめ

以上のように、LGBTの割合に関する通説は、国や世代によってかなりバラツキがある。
しかしいずれにせよ、かなりの人がLGBTであるということがわかる。

国・地域名LGBTの割合(およそのパーセンテージ)LGBTの割合(何人に1人)データの年
日本1.6%-8.9%13人に1人2018年
アメリカ4.5%22人に1人2017年
アメリカ(1980-1999年生まれ)8.2%13人に1人2017年
ヨーロッパ5.9%16人に1人2016年
スペイン(1987年-2002年生まれ)14%7人に1人(同上)
イギリス(同上)12%8人に1人(同上)
ドイツ(同上)11%9人に1人(同上)

日本でも世代ごとに調査したら、今回とは異なった調査結果になるかもしれない。
様々なデータと向き合いながら、今の私たちの世界について知っていきたい。

参考・引用文献

JobRainbow