レズビアン関連サイトまとめ【調べてみた】

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像

「自分はレズビアンだけど、周囲に打ち明けることができない……。同じレズビアンの人と仲良くなりたい!」

「レズビアンの方がどんなことを考えているのか知りたい」

このような思いを抱えているレズビアン(自身を女性と自認しており、性的指向が女性のセクシュアリティであること)当事者の方、あるいはそうではない方は多いのではないでしょうか。

レズビアンに関心があっても、いきなり関連書籍を読むのは難しいし、「レズビアン」とインターネットで検索してもアダルト動画ばかりヒットして困る……

今回はそんなレズビアンの方の役に立つような記事、または周囲がレズビアンの方を理解する助けになるような記事をまとめました。

レズビアン とは?女性を愛する女性のはなし。【用語解説】

出会い系

笑顔で道路を眺める人の姿

本気で交際相手を探すのにも、気軽な話し友達を探すのにも、出会い系サイトは多く利用されています。いまだに「男女」のイメージが強い出会い系ですが、有名なあのアプリがLGBTフレンドリーであったり、レズビアン専用のアプリもいくつか存在します。

以下のサイトを参考に、調べてみました。

1. Tinder(ティンダー)

いまや一日に2600万件のマッチングがあると公表している、アメリカ発祥のマッチングアプリです。

実はこのTinder、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとった、セクシュアルマイノリティの総称)の方を応援しているそうです。そのため、検索設定から同性を表示対象に選ぶことができます。国内の多くのマッチングアプリが同性を表示対象に選ぶことができないなか、TinderはLGBTフレンドリーであると言えるでしょう。

残念ながら、日本版のTinderでは性別を「男」か「女」しか選ぶことができませんが、欧米では男女二項目に加え、37種類のジェンダーアイデンティティを選ぶことができます。今後日本でもますます多様なセクシャルマイノリティに対応していくことが期待されます。

2. PCMAX(ピーシーマックス)

Tinderと同様レズビアン専用ではないものの、レズビアンのユーザーが多くいて、ネットでの評価も高いため安心して利用できる出会い系アプリです。

人気の理由は、「女性限定」のコンテンツがあることです。女性同士のやり取りは完全無料なのも嬉しいですね。

3. Neutro(ニュートロ)など

セクシュアルマイノリティ向けの出会い系アプリとしては、Neutro、Find fなどのアプリが信頼度が高いです。

Neutroはセクシュアルマイノリティ専用、有料です。

Find fは「25歳以上推奨の真面目に同性のパートナーを探している女性(レズビアン、バイセクシャル、FTM/FTX)」のためのアプリです。

いずれも利用者数が少ないなどの問題点はあるものの、真剣度は高いため、本気で出会いを探すときにおすすめです。目的に応じて使い分けましょう。

ブログ

女性三人が一人の子供を抱きかかえ、笑顔を向ける写真

レズビアンの方が普段どんなことを考えているのか知りたいときは、ブログを読むという方法もあります。日常生活を日記形式で綴っているようなブログzであれば、その人をより身近に感じることができます。ここではレズビアンであるとカミングアウトされている方のブログを紹介します。

【1/10更新!】今絶対に見ておくべきLGBTのブログ・日記20選【 LGBTの暮らしってこういう事】

1.「ずーっとあなたに恋してた 苦しくて、切なくて、でも愛おしい。そんな愛の物語。」

レズビアン女性のヘテロ女性への恋の苦しさを綴っているのがこちらのブログです。ブログ主である30代会社員の木下さんは、同じ会社の後輩であるユリさんに10年以上前から片思いしています。

木下さんはユリさんの何気ない一挙手一投足に胸をときめかせながらも、ユリさんが以前付き合っていた男性の話をするのを聞き、ユリさんは自分とは違って男性が好きなのだから、と自分の気持ちを抑え込みます。

木下さんのユリさんへの想いの行方から目が離せません。

2.「レズビアン世界一周紀行〜ありのままに生きるために〜」

レズビアンを自認しているブログ主のれいちぇるさんが自らの経験を赤裸々に語るブログです。

ブログの最初に「周りの環境が変えられない、変わらないなら、自ら自分を違う環境に置けばいい。選択肢はいくらでもある。必要なのは少しの勇気だけ。」とある通り、れいちぇるさんは同性と付き合いたいという思いを抱いて海外へ渡航し、世界各国を飛び回っています。

ブログ以外にも、「世界で一番LGBTフレンドリーな国」や「世界のレズビアンバー/クラブ」といった記事も充実しているため、海外での暮らしに興味がある方はぜひ読んでみてください。

3. 「同性同士の妊活日記。」

ブログ主のmaruさんは40代の会社員で、同性パートナーのkoharuさんと7年同棲しています。パートナーのkoharuさんさえいれば子供はいらないという考えのmaruさんでしたが、koharuさんの一言により、徐々に考えを変えていくことになります。

ブログには、maruさんの両親へのカミングアウトや、子供を作るにあたってmaruさんが転職を決意する様子が丁寧に順を追って書かれています。

同棲カップルが子供を持つ決意をするとはどういうことなのかを、美化することなく伝えてくれる重要なブログです。

JobRainbowコラム

虹色のスパンコールの画像

レズビアンについては、JobRainbowにも多くのコラムがあります。

1. 【徹底解説】レズビアンが出会うには?危険性や注意点も【友達・恋人が欲しい人必見!】

冒頭で出会い系アプリを使った出会い方についてご紹介しましたが、他にもオフ会、イベント、SNS、バーなど、レズビアンの出会い方には様々な形があります。

また、出会い系アプリを利用する際はセクシュアルマイノリティ当事者を狙った「LGBTビジネス」に注意しなければなりません。この記事には出会い系アプリを使用する際に注意するべきことや、使ってはいけない危険なアプリについても書いてあるので、要チェックです。

【レポ】レズビアン限定恋活パーティーに行ってみた!【安全?初めてでも大丈夫?】

2. レズビアンにおすすめのバー8選【実際に行って見た】都内のビアンバー【随時更新】

バーは、レズビアンの出会いの場、あるいは友達を作る場の一つです。とはいえ、初めての方にはなんとなく敷居が高いイメージがあるかもしれません。

この記事では、ライターが実際に行ったことのあるおすすめのバーを紹介しています。

バーに行く前に確認するべきことについても書いてあるので、ぜひ参考にしてください。

3. レズビアンや女性同士の恋愛を描いた作品まとめ!【映画・ドラマ・マンガ】

ブログを読む以外にも、レズビアンや女性同士の恋愛を描いた映画やドラマ、マンガを鑑賞することで「女性を愛する女性」について知ることができます。

恋愛にともなう喜びや辛さに同性愛、異性愛の垣根はありません。その一方で、同性であるゆえの苦しみも残念ながら存在します。すべての人がセクシュアリティによっておびやかされることのない社会を実現するためにも、まずは知ることから始めましょう。

もちろん、この記事に紹介されているのはエンターテインメントとしても質の高い作品ばかりです。

おわりに

レズビアンカップルがキスをする姿

いかがでしたでしょうか。

上記の通り、インターネットにはさまざまなレズビアンにまつわるコンテンツがあります。信頼性の高いものを選び取り、かしこく利用したいですね。

レズビアン当事者の方、レズビアンを理解するために知識が必要だという方にこの記事が少しでもお役に立てば幸いです。

検索

JobRainbow