PwC JapanはLGBTが本当に働きやすい!プロフェッショナル集団のカルチャーに迫る【ジョブレインボーLGBT仕事博2020】

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像
9月26日(土)、27日(日)にオンライン開催いたしました、「ジョブレインボーLGBT仕事博2020」は大盛況のうちに終えることができました。来場してくださったのべ1103名の皆様、ありがとうございました!
本イベントの反省もふまえて、私たちJobRainbowはこれからもあなたの「自分らしく働ける職場」を探すために情報を発信していきます。
今後ともJobRainbowをよろしくお願いいたします。

2020年9月26日(土)と2020年9月27日(日)、オンラインで開催される「ジョブレインボーLGBT仕事博 2020」。今回は、本イベントに出展するPwC Japanグループ(以降 PwC Japan)の人事部 武田さんと平田さんにお話を伺いました。

世界最大級のプロフェッショナル・サービス・ファームであるPwCグローバルネットワークの一員であり、常に成長を続けているPwC Japan。

「本当に理解のあるアライを増やしたい」という思いで、具体的にはどのような取り組みをしているのでしょうか?

合言葉は「Be yourself! Be different!」そこに込められたメッセージとは?

PwC Japanが思い描く「自分らしさ」について、一緒に見ていきましょう!

2019年のカラフルデーにPwC Japan代表ほか役員と武田さんがプラカードを持っている画像

重要なのは制度だけでなく、本当の「理解」が伴っているということ

-御社で取り組まれているダイバーシティ推進のための取り組みを具体的に教えてください。

武田さん(以下敬称略):私たちは、2018年からLGBTをダイバーシティ&インクルージョン活動の柱の1つとして位置付けるようにしました。ですが、制度自体はもっと前からありました。たとえば、異性婚と同様に同性婚についても結婚休暇を付与し、結婚祝金を支給する制度があります。

武田:とはいえ、いちばん大切なのは、制度や設備よりも従業員の理解だと社内のLGBT当事者メンバーから聞いています。「この会社なら悩まなくていいのだ」と感じてもらえるよう、アライを増やし、可視化し、理解を深めてもらうことを重視して活動して来ています。最初は、講師を呼んで人事向けの研修をしたり、全社員向けのeラーニングを作ったりして、まずは知識を広める活動をしました。

武田:社内にはLGBT当事者のネットワークとアライネットワークがあります。取り組みの一つとして、可視化と理解促進のための「アライノートブック」という虹色のノートを作ってアライの皆さんに配っています。他にも、先日「Ally Movie Night」というイベントを開催しました。アライにはアライとなるきっかけとなった映画を持つメンバーもおり、アライの有志で話し合い、他のアライにも見てもらってディスカッションをするイベントを実施することにしました。頭だけではなく、心を動かす取り組みです。このような活動を通じて、本当に理解のあるアライを増やしたいと思っています。無理に数だけを増やすのではなく、LGBTに対して心からの理解や思いを社内で醸成し、そのような気持ちがある人を繋げていきたいですね。

社内の意識の着実な変化、カミングアウトも増えてきた

-取り組みを導入してから、社内に変化はありましたか?

武田:毎年行っている「従業員意識調査」に2018年からセクシュアルマイノリティについての質問を追加しましたが、PwC Japanで今後も働き続けたいかなどの総合的な満足度が上がっています。

武田:あとは、カミングアウトしてくれる人が増えましたね。東京レインボープライドに参加したときのことです。当社のブースに、クローゼットだった当事者の従業員が来てカミングアウトしてくれたのは、嬉しかったですね。そのとき「(東京レインボープライドに)出てくれてすごく嬉しい!」という言葉もいただけましたし、私自身もパレードで沿道の人にハイタッチしながら歩いてみると、エネルギーをたくさんもらえました。

誰もがプロフェッショナルであるがゆえのコミュニケーション

-どんな点が会社・職場・仕事の魅力だと考えていますか?

武田:PwC Japanは監査、税務、アドバイザリーサービスなど、さまざまな関連会社の総称です。M&A、デジタル、ガバナンス&コンプライアンスなどさまざまな専門性をもつパートナー・スタッフが在籍しており、それぞれがプロフェッショナルとして尊重されています。先日、最近入社した方が「前の会社では何をやってもすぐダメ出しをされたが、PwCではまず『ありがとう』と言ってもらえる。それが嬉しい!」と語ってくれたことがありました。こういったやりとりも会社自体が個々の専門性を認めているからこそ生まれてくるコミュニケーションなのかもしれません。

武田:近年、企業の経営課題は多様化・複雑化しているので、自らの専門性を磨くとともに他の専門性をもったチームと有機的に協働して課題を解決するという、より大きなチャレンジに向き合う機会を提供できると思います。私たちのPurpose(存在意義)として掲げている「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」や、大切にしている5つのValues(価値観)である「Act with integrity, Make a difference, Care, Work together, Reimagine the possible」に共感してくれる人と、ぜひ一緒に働きたいですね。

武田さんと平田さんが笑っている画像

LGBTの方が悩んだり躊躇したりする必要のない会社だと、感じてほしい

-今回仕事博に参加する理由やきっかけをお聞かせください

武田:昨年のJobRainbowの合同採用イベント、Real JobRainbow 2019が社内で非常に好評でした。社内のLGBT当事者もアライも去年のブースイベントに参加するなど、Real JobRainbow 2019でのPwCの活動を積極的に支持してくれていたため、今年も参加を決めました。今回は、社内だけでなく、来てくださった方が仕事博を通して、私たちにどのような思いを抱いてくださったのかも知りたいですね。

平田:また、PwCの存在意義は、社会に信頼を構築し、重要な課題を解決することです。仕事博のようなイベントに積極的に参加し、関わることで自分の会社だけでなく、社会全体がインクルーシブになっていくようなことができたらなと考えています。

平田:社外でのこうした活動の甲斐もあって、学生時代にセクシュアルマイノリティに関する活動をしていた方が入社して、アライネットワークにも参加してくれるようになり、彼らの知恵を借りながら私たちのダイバーシティ&インクルージョンもより良いものへと年々進歩しています。だからこそ、イベントを通じて、PwC JapanはLGBT当事者の方などが悩んだり躊躇したりする必要のない会社なんだと感じてもらえたらいいなと思います。

武田さんが説明している画像

-仕事博の参加者へメッセージをお願いします。

武田:「Be Yourself! Be Different!」です。どんなにプロとしてのテクニカルなスキルがあっても、普段の場で自分らしくいられないと、せっかくの力も存分に発揮できないことをこれまでの取り組みの中で学んできました。セクシュアリティやジェンダーアイデンティティーについて小さな嘘をつき続けることが、リーダーシップの発揮を難しくしていると、私たちは理解しています。ですから、自分らしくあることが一番大事です。そういう人たちのために、自分らしさを取り戻すというメッセージを伝えています。あなたがあなたであり、他の人と違うということは、あなたが持っている力です。「Be yourself! Be different!」を掲げる私たちと共に、自身のプロとしてのキャリアを歩んで行きたい、更には自分らしさを発揮できる社会を作っていきたい方をお待ちしています。

JobRainbow編集部から一言

今回お話をしてくださった武田さんも、平田さんも、東京レインボープライドや、アライネットワークでのイベントのお話を本当に楽しそうにキラキラした笑顔で語っていらっしゃるのが、とても印象的でした。

インタビューを通して、PwC Japanでは、ダイバーシティ推進に関して「心」を大切にされているのだと強く感じることができました。それは、「Be yourself! Be different!」を掲げていることからもわかるように、自分らしさを大切にするという強い思いが根底にあるからなのではないでしょうか。

プロフェッショナルとして挑戦していきたい!「Be yourself! Be different!」に共感した!というあなた!ぜひPwC Japanのブースでお話してみませんか?

仕事博で募集する職種

  • 募集対象: 新卒・中途
  • 職種・業務内容:監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、法務等
  • JobRainbow独自の企業情報ページはこちら
法人名PwCあらた有限責任監査法人
業務内容財務諸表監査、内部統制監査をはじめとする各種証明業務、財務報告に関する会計アドバイザリー業務、リスクとコントロールに関する経営課題を総合的にサポートするリスクアシュアランス業務
企業HPwww.pwc.com/jp/assurance
本社東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング

法人名PwCコンサルティング合同会社
業務内容経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービス
企業HPhttps://www.pwc.com/jp/consulting
本社東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング

法人名PwCアドバイザリー合同会社
業務内容M&A、事業再生、PPP・インフラという三つの領域のアドバイザリーサービス
企業HPhttps://www.pwc.com/jp/deal-advisory
本社東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング

法人名PwC税理士法人
業務内容国内税務、国際税務、移転価格、M&A、企業組織再編、金融、不動産関連などの税務コンサルティングサービス
企業HPwww.pwc.com/jp/tax
本社東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング

法人名PwC Japan合同会社
業務内容日本におけるPwCメンバーファーム向けの人事、総務、経理、マーケティング、ITなどにかかわるコーポレート業務
企業HPhttps://www.pwc.com/jp/ja.html
本社東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング

PwC Japanグループ

PwC Japanグループは2019年に日本における事業開始から70周年を迎えました。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約8,100人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

 PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。PwC Japan グループに含まれる主要な法人はこちらからご覧ください。 

>>PwC Japanグループの最新情報を受取るには、「JobRainbow」に登録

検索

  • セクシャリティ診断ツール
  • 企業担当者の方向けLGBTフレンドリー企業マニュアル無料配布中
  • HOME
  • マガジンHOME
  • インタビュー
  • PwC JapanはLGBTが本当に働きやすい!プロフェッショナル集団のカルチャーに迫る【ジョブレインボーLGBT仕事博2020】
JobRainbow