LGBTの就活生が自己分析しておくべき、3つのこと

ライター: Natsuki
この記事のアイキャッチ画像

社会に出るために様々な準備をしてきた皆さんにとって、いよいよ就職活動が佳境を迎えます。

そんな先輩たちの姿を見て、自分の就職活動の仕方に焦りを感じる方もいるのではないでしょうか。

LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとった、セクシュアルマイノリティの総称)の学生は、働き方やセクシュアリティへの漠然とした不安が就職活動の悩みに直結していることも多いと思います。

今回はそんなLGBTの学生さんが就職活動をスムーズに行えるように、自己分析しておいた方が良いこと、また活かし方をご紹介します。

自己分析はなぜ必要?

疑問符の画像

就職活動を始める最初の段階で推奨される自己分析ですが、なぜ必要なのでしょうか。

「自己分析なんかしなくても、自分のことは自分が一番よくわかってる!」

「そんなことよりも具体的なテクニックを習得した方が有利だと思う!」

そんな風に考える方も多いかもしれません。

しかし、自己分析をすることは自分がどんな風に働きたいのかという人生の軸を見つけることに大きく役立ちます。

LGBTの就活生に特化して言えば、セクシュアリティが自分のアイデンティティにどれくらい影響しているのかを知ることで、どんな企業で働くのか、カミングアウトして働くのか、などといったセクシュアリティのスタンスを決めることに直結します。

自己分析を行うことで、自分自身の特性や人生設計が明確になり、就職活動のみではなく人生を支える軸を明確にすることができるのです。

自己分析すべきこと3選

パソコンの画面に「DO MORE」と表示されている画像

1. 自分のことを自分の言葉で伝えられるようにしよう

自己分析をするには様々な方法があります。例えば自分史の作成です。

自分史を作成することによって、幼い頃から共通して現れる行動や考え方の特徴が探りやすくなります。

モチベーションと行動の共通している点、また変化している場面に現れる特性などを把握することで、自分がどういう人間であるのかを説明する際に説得力が増します。

また、自分の特性を知ることで長所と短所の把握もしやすくなります。

一見短所ばかりが目立ってしまうかもしれませんが、長所と短所は紙一重です。特徴やエピソードはポジティブな表現に変えることができます。

2. セクシュアリティについての方針を決めよう

セクシュアリティをカミングアウトする(オープン)のか、しない(クローズド)のか、それぞれの場合のメリットとデメリットを考えてみましょう。

オープンにするのかクローズドでいるのか、どちらの方が良いと一概に決められるものではありません。自分がどう働きたいのかに合わせて判断することが大事です。

また、就活中と入社後のどのタイミングでオープン/クローズドにするのかなど様々な場面を想定してみてください。

企業ごとにカミングアウトする・しないを決めたり、将来的に必要になった時にカミングアウトする、などと決めておくのも一つの選択肢です。

セクシュアリティのスタンスがあいまいなことで、就職活動中に迷いが生まれ、本来の力が発揮できなかったり予期せぬタイミングでのカミングアウトにつながることもあります。

就活・職場でカミングアウトってするべき?すべきでない?
カミングアウトした時の面接官の反応と対応法6つ【体験談つき】
LGBTとして就活するってどういうこと?カミングアウトのリアルを聞く「セクマイキャリア」イベントの振り返りとまとめ

3. キャリアプラン・ライフプランを作ろう

「仕事」と「生活」の観点から自分の求めるワークライフバランスを考えてみましょう。

仕事に対する価値観では、

  • L G B Tフレンドリーな企業で働きたい
  • 転勤はなるべくしたくない
  • 性自認にあった服装を希望する

生活に対する価値観では、

  • パートナーと家庭を持ちたい
  • プライベートはオープンにしない
  • (養子などを含め)子供を育てたい

など、自分の希望を書き起こしてみてください。

1年後、3年後、10年後のキャリアプランとライフプランを具体的に考えてみましょう。

具体的なプランができることで、企業を選ぶ際にみるべき項目がわかりやすくなります。

例えば、福利厚生や社会保障がどうなっているのか、パートナーに対しても適用されるのか、などです。

またトランスジェンダーの人にとっては、性別移行を希望しているのか、希望する場合は入社する前と後どちらに行えばいいか、などの事柄も重要ですよね。

自分の考えるキャリアプラン・ライフプランを実現させるために、企業・職場に求めるものが何かを明確にさせましょう。

「自分らしくはたらける」企業ってなんだろう?セクマイ就活生2人が考えてみた

JobRainbowを利用してみる

JobRainbowのトップページの画像

自己分析が終わったあなたにおすすめしたいサービスが、JobRainbowです。

JobRainbowはLGBTQ+向けの転職・就活サイトで、LGBTフレンドリーな企業を紹介しています。

自己分析の結果をもとに、LGBTフレンドリーな企業で働きたいと考えているのであれば、是非利用してみてはいかがでしょうか。

「LGBTフレンドリーな企業」と一括りにするのではなく、会社の規定やLGBTの先輩社員がいるかどうかなど、あなたが注目したい項目から企業を探すことができます。

>>JobRainbowに無料会員登録

【マンガ】JobRainbowで、「みんな」が同じスタートラインに立てる【もちぎ さん】
【マンガ】JobRainbowを通じて就活に前向きになれた、あるFtXのお話【パレットーク】

おわりに

自己分析をすることは「自分らしく生きる」ための軸を見つけることにつながります。

自己分析で得た自分の人生の軸が、就職活動で考えに迷った時の支えになってくれるかもしれません。

あなたの就職活動がよりよりものになるようお祈りしています。

参考文献

『自分らしく働く LGBT就活・転職の不安が解消する本』星賢人、翔泳社、2020

検索

  • セクシャリティ診断ツール
  • 企業担当者の方向けLGBTフレンドリー企業マニュアル無料配布中
JobRainbow