【用語解説】デミロマンティックとは?【デミセクシュアルとの違い】

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像

近年、「LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字をとった、セクシュアルマイノリティの総称)」をよく耳にするようになりました。

それに加えて最近は「LGBTQIA」や「LGBTQ+」など頭文字の増えた略語が使われるようになっていることはご存知ですか?

実はこの、「QIA」や「Q+」というのはレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー以外のセクシュアリティーを表しており、セクシュアリティーというのは何も異性愛・レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの5種類に限ったものではないということがわかります。
その中でも今回は、「デミロマンティック」について解説していきたいと思います。

☆あわせて読んでおきたい!
「Qってなに?」と思った方は……
LGBTQ+のQって何?~実はよく知らないクエスチョニング・クィア~



デミロマンティックってなに?

デミロマンティック(demiromantic)
性的欲求はあるが、恋愛感情を抱きにくいセクシュアリティ。

恋愛感情はほとんど抱くことはないのですが、「強い感情的な絆や、信頼関係が築かれている関係」の人に対して抱くことが稀にあります。

デミセクシュアルとの違い

デミセクシュアル」は、他者に対して基本的に性的欲求を抱くことはありませんが、強い愛情や深い友情を持った相手に対してなど、ごく一部の場合に性的な欲求を抱くこともあるセクシュアリティです。「半性愛」とも呼ばれています。

つまり、デミロマンティックは「性的感情を抱き、恋愛感情はめったに抱かない」

デミセクシュアルは「恋愛感情は抱き、性的感情はめったに抱かない」というところに違いがあります。

☆あわせて読んでおきたい!

【恋愛において大切なのは、絆?】デミセクシュアルってなに?【当事者に聞いてみた!】

「ロマンティック」「セクシュアル」ってなに?

そもそも「ロマンティック」「セクシュアル」とは一体何なのでしょうか?
そこには「恋愛指向」と「性的指向」という言葉がキーワードになってきます。

恋愛指向(Romantic orientation)とは、どんな人に恋愛感情を持つか/持たないか、そして性的指向とは、どんな性を好きになるかを指します。

そしてJobRainbowにおいては、「性的指向」という言葉を、狭義では「性愛の対象が誰に向くか(恋愛指向に並ぶ言葉)」、広義では「恋愛・性愛の対象が誰に向くか(この場合は恋愛指向も性的指向に含まれます)」という意味で用いています!

これらをふまえ、「ロマンティック」と「セクシュアル」について考えると、

・~ロマンティック(~romantic)とは、恋愛指向を表現する接尾語のこと
・~セクシュアル(~sexual)とは、性対象、性的指向を表現する接尾語のこと を表します。

例えば「恋愛対象はなく、性的な欲求は信頼関係がある人のみに感じる」という人は、「アロマンティック・デミセクシュアル」と表すことが出来ます。

恋愛対象と性的指向は人によって様々な違いがあります。「恋愛対象は〇〇、性的指向は〇〇」と自分自身を表したい時に、「ロマンティック」や「セクシュアル」という言葉はとても役に立つものです。

☆あわせて読んでおきたい!
【変わることもあるって知ってた?】「性的嗜好」じゃない!今きちんと知っておきたい「性的指向」とは?

コップを渡しあう

他にもあるよ!ロマンティックの種類

セクシュアルと同じように、ロマンティックも様々な種類があります。
今回はいくつかの「ロマンティック」をご紹介したいと思います!

・リスロマンティック(Lithromantic)
リスロマンティックの特徴としては「恋愛感情はあるが、相手から恋愛感情を向けられることは望まないこと」があげられます。アポロマンティックとも呼ばれます。

・アロマンティック(Aromantic)
アロマンティックの特徴としては「恋愛指向を持たないこと」があげられます。

・アロマンティック・アセクシュアル(Aromantic-asexual)
アロマンティック・アセクシュアルの特徴としては「恋愛指向を持たず、性対象も持たないこと」があげられます。

アセクシュアルと同義でもあります。

・ヘテロロマンティック(Heteroromantic)

ヘテロロマンティックの特徴としては「異性に対して恋愛感情をいだくこと」があげられます。

・ホモロマンティック(Homoromantic)

ホモロマンティックの特徴としては「同性に対して恋愛感情をいだくこと」があげられます。

・ガイノロマンティック(Gynoromantic)

ガイノロマンティックの特徴としては「女性に対してのみ恋愛感情をいだくこと」があげられます。

ジノロマンティック、ガイネロマンティック(gyneromantic)とも呼ばれます。

・アンドロロマンティック(Androromantic)

アンドロロマンティックの特徴としては「男性に対してのみ恋愛感情をいだくこと」があげられます。

・バイロマンティック(Biromantic)

バイロマンティックの特徴としては「両性に対して恋愛感情をいだくこと」があげられます。

・クォイロマンティック(Quoiromantic)
クォイロマンティックの特徴としては「恋愛感情とは、友情とどう違うのかがわからないこと」があげられます。

・パンロマンティック(Panromantic)
パンロマンティックの特徴としては「性的欲求ではなく、恋愛感情の面で、全ての性別の人に惹かれること」があげられます。

「全恋愛」とも呼ばれます。

手を差し伸べる人

おわりに

今回は「デミロマンティック」をご紹介しました。

今回ご紹介した「ロマンティック」だけでも、様々な種類のセクシュアリティがあるのだということを知っていただけたのではないでしょうか。

人間の性に対する在り方は本当に多様で、世の中は様々なセクシュアリティに溢れています。
「自分はこういうセクシュアリティだからこういう生き方をしなければならない」と固定的な考えをするのではなく、「こういうセクシュアリティもあるのだ」と1人1人が自分自身を知り、より豊かな生き方ができるようになればと思います。

この記事が悩みを抱えた方に届き、少しでも自分自身を知るきっかけ、世界を広げるきっかけになれば嬉しいです。

LGBTQ+のライフとキャリアを支えるメディア「JobRainbow Magazine」は月間読者30万人超えの、

LGBTQ+のライフとキャリアを支える国内最大のLGBTメディアです。

日本初のLGBT転職・就活サイト JobRainbow が運営しています。

 

今なら、LGBTQ+フレンドリー企業の求人一覧が見れたり、

交流会などのオフィシャルイベントの情報を見ることができます。

ぜひこちらからご登録お願いいたします。

JobRainbow