性表現とは?LGBTを考えるうえで欠かせない基本概念!【オススメブランドもまとめてみました】

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字をとったセクシュアルマイノリティの総称)についてテレビやインターネットで触れることが増えてきた昨今。今や芸能人だけでなく、YouTuberの中にもカミングアウトして活躍している方がいらっしゃいますね。

そんな時代の流れにともなって、「性の3要素」なんて言葉も聞かれるようになり始めました。

その3要素とは、

  • ・身体的性:身体構造における性
  • ・性自認:自身の性をどのように認識しているか
  • ・性的指向:どんな性を好きになるか

の3つです。

ですが最近、4つ目の要素として性表現という観点が挙げられることが増えてきました。

「性表現って何? 漫画やアニメでの性的な表現を規制する・しないとかで話題になっているアレ……?」

違います!そっちの「性表現」ではありません!

今回は、セクシュアリティを考えるうえで重要な「性表現」についてまとめました!

読んでみたら「あ、そういうことか!」となる方が多いと思います。ぜひ最後までお読みください!

☆あわせて読んでおきたい!

LGBTの有名人について知りたい方は

LGBTを公表している有名人まとめ 日本&海外

LGBTのYouTuberについて知りたい方は

LGBT YouTuberまとめ10選【日本にもこんなにたくさん!】

身体的性について知りたい方は

「男」「女」だけじゃない?身体的性とは【身体的「性別」って言わない方がいい……ってどういうこと?】

性自認について知りたい方は

【「わからない」でもいいじゃない】「男性」「女性」だけじゃない、性自認って何?

性的指向について知りたい方は

【変わることもあるって知ってた?】「性的嗜好」じゃない!今きちんと知っておきたい「性的指向」とは?

性表現とは?

アバンギャルドな装い

さっそく本題です。性表現って何でしょうか?

性表現とは、「自分のありたい性をどのように表現するか」です。

例えば私は、「身体的性が男性・性自認が男性・性的指向が特になし」というパンセクシュアル男性です。そして、ふだん「男性に見えるように」ふるまっています。服はメンズのものを選び、会話での一人称は「僕」です。

つまり私は「性表現が男性のパンセクシュアル男性」と言えます。

有名人で考えるともっとわかりやすいかもしれません。今やテレビで見ない日のないマツコ・デラックスさんは、著書『マツ☆キヨ』にて自身のことをゲイだと言っており、テレビ番組では「体が男」という表現を多用しています。

しかしその一方で、一人称を「あたし」「私」としたり、自身を「女装家」と評しています。

これらのことから、マツコ・デラックスさんは「性表現が女性のゲイ男性」といえるでしょう。

性表現とトランスジェンダー

アバンギャルドなドレス

性表現と非常に密接なかかわりがあるのが、トランスジェンダーです。

トランスジェンダーとは、実は大きく3つに分けることができます。

  1. (狭義の)トランスジェンダー:性自認と周囲からみられる性が異なる状態
    • 例:「性自認も身体的性も男性だが女性として見られている」「性自認と身体的性が異なり、周囲から性自認とは別の性として見られるものの、外科的な手術までは求めない」
  2. トランスセクシュアル:身体的性と性自認が一致していないことに対して違和感や嫌悪感を抱いている状態
  3. トランスヴェスタイト(クロスドレッサー):性自認と身体的性は一致している状態で、それとは異なった服装を身にまとう状態

これらすべてを包括するのが、広い意味でのトランスジェンダーという言葉なのです。

そして、この③トランスヴェスタイトが、性表現と非常にかかわっています。

先ほどもお伝えしたように、「自分のありたい性をどのように表現するか」が性表現です。つまり、服装やメイクの仕方なども性表現の一部です。そうなると、トランスヴェスタイトとは「性表現が身体的性や性自認と一致していない状態」だという考え方もできそうです。

ただ、忘れてはいけないのが、性表現には外見上のもの以外も含まれます(口調や一人称など)。ですので、性表現と性自認や身体的性が一致していないからといって、必ずしもトランスヴェスタイトとは限らないのです!

「じゃあ、性表現と性自認や身体的性が一致していない、っていうのは①(狭義の)トランスジェンダーとは同じ意味じゃないの?」

というとそれもまた難しく、例えばある女性が「男性」としての性表現(一人称を「俺」にする、男性的だと思われようとネクタイやスーツを着用する)をしたからといって、社会から「男性としてふるまいたいんだな」と判断されるとは限らないのです。

性表現は、あくまで「(社会からのまなざしを想定して)このような性としてふるまいたい」といった主観的なものです。しかも社会からのまなざしを想定するということは、「その社会での性のあり方」みたいなものも考える必要があるため、社会にかなり左右されてしまいます。

社会において「あたりまえ」だと思われている性のあり方は、当然社会ごとに異なります。

国や地域ごとに違うだけでなく、同じ国や地域でも時代ごとでも違ってきます(例えば、ある国では眉毛がつながっていることが「女性らしい」と考えられていますが、日本でではどうでしょうか?)。

とっても、とっても難しいですね……

ただ、自分の「あたりまえ」を相手に押し付けることのないよう、気をつけていきたいですね!

☆あわせて読んでおきたい!

トランスジェンダー・性同一性障害について詳しく知りたい方は

【実は意味が違う!】トランスジェンダーと性同一性障害の違いって何?【英語か日本語か、ではない!】

自由な性表現のために~オススメファッションブランド紹介~

自分は、どんな性としてふるまいたいだろう。

あ~、こういう性として見られたいな。

じゃあ、服装や髪形はどうしよう。一人称は何にしよう……。

好きな服・アクセサリーを着用したいと考えること、実際に着用すること、使いたい一人称を使うこと。これらはすべて、自由です。あなたのその思いを規制するものは、ありません。

でも、好きな性表現をしたいのに、自分にあったサイズのものがない……という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のためにいくつかオススメのブランドをまとめましたので、ぜひチェックしてみてください!

※なお、すべての画像は公式HPから引用しております。

1. 身長が150cm前後で「女性らしくない」服をお探しの方へ(いわゆるFtM、FtX向けブランド)

1.1 Varicolos

こちら、「誰もが自分の好きな服を自由に選択でき、思ったままにしたいオシャレを楽しめる」をコンセプトにしています。トランスジェンダーの方が監修していますので、細かなニーズにこたえてくれる素敵なブランドです!

Varicolosのホームページ

1.2 G/Slash

体が小さくても紳士服をかっこよく着こなしたい、という思いから立ち上がったこのブランド。G/Slashというブランド名には、ジェンダーを壊すという意味がこめられています!

G/Slashのポスター

2. 身長170cm以上で「男性らしくない」服をお探しの方(いわゆるMtF、MtX向けブランド)

2.1 blurorange

「性別や体型問わず、かわいい服を楽しんでほしい」という思いのもと立ち上げられたブランド、blurorange。こちらの服は、着丈だけでなく骨格のことも考えられているため、どんな方でも着られます。こういった心づかいが嬉しいですね!

blurorangeのモデル

すべての人の、自由な性表現を支えるために、こういったブランドが増えてきているのはとってもありがたいですね!

☆あわせて読んでおきたい!

ジェンダーレスファッションブランドについて詳しく知りたい方は

好きな服を、好きなように着よう。LGBT必見!ジェンダーレスファッションブランド5選

おわりに

黄煙と人々

いかがだったでしょうか。自由な性表現を規制するものは、少しずつなくなってきているように思えます。

大切なのは、先ほどもお伝えしたように、自分の「あたりまえ」を人に押しつけないことです。

例えば、

「男なんてメイクしないのがあたりまえだよ! なんでメイクしてるの!? 早く落としてきなよ!」

と仮にあなたが言ってしまったとします。

でも、その人には

「女性として性表現がしたい、性自認と身体的性が男性」

「肌荒れが気になってメイクしていただけで、性表現も性自認も身体的性も男性」

「性表現、性自認ともに女性で、身体的な性が男性」

「性表現も性自認も身体的性もすべて女性なのになぜか『男性』と言われることが多い」

どの可能性もありますし、なんなら、これらのどれでもない可能性だって十分にあります。

「性表現は自由であり、第三者が規制するようなものではない」と知ることこそが、すべての人が「自分らしく」生きられる社会の第一歩なのではないでしょうか。

あなたが多様なセクシュアリティの世界を知っていく、その第一歩をこのコラムが支えられたら幸いです!

参考文献

・http://lgbtetc.jp/pdf/about_lgbt.pdf

・森山至貴『LGBTを読み解く』(2017)ちくま新書

LGBTQ+のライフとキャリアを支えるメディア「JobRainbow Magazine」は月間読者30万人超えの、

LGBTQ+のライフとキャリアを支える国内最大のLGBTメディアです。

日本初のLGBT転職・就活サイト JobRainbow が運営しています。

 

今なら、LGBTQ+フレンドリー企業の求人一覧が見れたり、

交流会などのオフィシャルイベントの情報を見ることができます。

ぜひこちらからご登録お願いいたします。

JobRainbow