【用語解説】アウティングとは【カミングアウトされたら、あなたはどうしますか?】

ライター: りっきー
この記事のアイキャッチ画像

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字をとったセクシュアルマイノリティの総称)についての情報を得るときに、必ずと言っていいほど出てくる「カミングアウト」という言葉。

そんな「カミングアウト」と似ているようで異なる「アウティング」の意味、皆さんはご存知でしょうか。

今回のコラムでは、自分がセクシュアルマイノリティである・ないにかかわらず知っておくべき「アウティング」について説明していきます。

アウティングとは~カミングアウトとの違い~

相手の顔の前に手のひらを突き出して相手を止めている人

アウティングとは、他人の秘密を本人の許可なく別の人に言うことで、人のセクシュアリティを勝手に第三者に言いふらすことという意味でよく使われます。

それに対してカミングアウトとは、これまで誰にも言ってこなかった自分の秘密を話すことです。「秘密」といっても様々なものがありますが、LGBTに関する話題では、自分のセクシュアリティを打ち明けること、という意味が多いです。

例えば、Aさん・Bさん・Cさんがいるとして、

AさんがBさんに自分から「自分はゲイである」と言うことはカミングアウト

BさんがAさんの許可なく「Aさんってゲイなんだって」とCさんに言うことはアウティング

だといえます。

そもそもLGBTに関係なく、自分の秘密を勝手に誰かが言いふらしていたら、いい気分ではありません。信頼していた人にそんなことをされれば、裏切られた気分になり傷つくことは容易に想像できます。

私自身、信頼している人にのみセクシュアリティをカミングアウトしていたのに、教えていないはずの知人から「大変そうだな、頑張れよ」と言われた時には驚きました。

言いふらした本人は、私にとって過ごしやすい環境にしてあげよう、と「よかれと思って」した行動だったのかもしれません。でも、自分にまつわることを多くの人に話したい人も、ごく少数の人にしか話したくない人もいます。少なくとも私は、信頼している人にしか伝えたくありませんでした。

秘密を守らないことは、信頼関係すらもゆるがせる。これもまた「LGBTだから」というわけではありません。

「カミングアウト」って何?~LGBT カミングアウトストーリーまとめ~

【用語解説】ゲイとはどんなセクシュアリティ?【「ゲイだから」センスある?】

一橋大学アウティング事件

「アウティング」という言葉を有名にしたのが、一橋アウティング事件です。

2015年、一橋大学の法科大学院で起きたこの事件。ゲイの学生Aさんが同級生のBさんに告白したところ、告白されたBさんが「Aさんはゲイである」とLINEグループで発言し、アウティングされたAさんが精神的にショックを受け投身自殺してしまったのです。

秘密を暴露された当事者にとって、アウティングがどれほど辛いものか。感じ方は当然人によって異なりますし、言い方を変えれば「計り知れない」とも言えます。

この事件では尊い命が失われたと同時に、「アウティング」が広く世に知られるきっかけともなりました。

また、この事件においては「大学サイドの対応が適切であったのか」が争点となっています。

アウティングされたのち、Aさんはアウティングをハラスメントだと考え、大学のにあるハラスメント相談室に相談しました。ところが、相談員は学生委員会での対応を検討しており、相談員がもとより「アウティングがハラスメントである」という認識を持っていなかったことがわかります。

またそれだけでなく、相談員がAさんに対して「自身が同性愛であることを受け止めきれていないからアウティングで傷つくのではないか」といった趣旨の発言をしたことが判明しています。Aさんのせいだ、と言いたいように聞こえてしまいます。

相談員は、ゲイのAさんに対し、性同一性障害の医療支援をしているクリニックを受診するよう勧めていたそうです。性的指向(どの性を好きになるか)と性自認(自分の認識する性)を混同した対応であり、こういった性に関する誤解の数々も、Aさんが命を絶った要因の一つだと考えられています。

性に関する正しい知識を持つことは、誰かを守ることにつながるのです。

【知っておくべき歴史的事件】LGBTの歴史を変えた事件 まとめ6選【日本・アメリカ】

アウティングを防ぐために

夕日を眺めながら木の横に並んで座る人の後ろ姿

「なるほど、カミングアウトだったら別に問題ないんだな」と思った方も多いでしょう。

しかし、世の中には形としては一応カミングアウトではあるものの、ほぼアウティングのようなものといったケースもあります。

例えば、ゲイだと言われている人を『そろそろカミングアウトしちゃえよ』とからかう場面は、今もテレビ番組で見られることがあります。なかには、「○○氏がゲイだという証拠も!」といった煽り文句がつくケースもあります。

しかし、周りの人がカミングアウトするようにはやしたてるのは、カミングアウトを強制するようなものです。あくまで本人がカミングアウトしたいと思った場合でなければ、本人の意思が尊重されているとは言えません。

カミングアウトとは本人のこれからの生活にかかわってくることでもあります。「その場のノリ」のようなもので無理やりカミングアウト「させる」ことは決してあってはいけません。

また、アウティングによって傷つく人が増えないよう、一橋大学の所在地でもある東京都国立市では「国立市女性と男性及び多様な性の平等参画を推進する条例」によってアウティングが禁止されました。

第 8 条

1何人も、ドメスティック・バイオレンス等、セクシュアル・ハラスメント、性的指向、性自認等を含む性別を起因とする差別その他性別に起因するいかなる人権侵害も行ってはならない。

2 何人も、性的指向、性自認等の公表に関して、いかなる場合も、強制し、若しくは禁止し、又は本人の意に反して公にしてはならない。

3 何人も、情報の発信及び流通に当たっては、性別に起因する人権侵害に当たる表現又は固定的な役割分担の意識を助長し、是認させる表現を用いないよう充分に配慮しなければならない。

国立市女性と男性及び多様な性の平等参画を推進する条例

おわりに

スマートフォンで話す人

では私たちが身近にいる人にカミングアウトされたら、どうすればよいのでしょうか。

「カミングアウトされたら何か助言をしなくてはいけない」なんてことはありません。ただ、「そうなんだ、教えてくれてありがとう」とまずは受け止めましょう。いち個人として、憶測や固定観念を持たずにその人の話を聞くことが大事です。

アウティングを防ぐには、自分を信頼して秘密を打ち明けてくれた人の意思を、何よりも尊重する必要があります。

本人が考えに考え抜いて打ち明けてくれた秘密を守ることは、人間関係を構築していくうえで必要不可欠でしょう。

参考文献

石田仁『はじめて学ぶLGBT』(2019)ナツメ社

検索

JobRainbow