【用語解説】自分は男性?女性?ゲイ?レズビアン?自分の性は決めなくてもいい!クエスチョニングとは?

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像

最近、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字をとった表現)という単語をよく目にするようになりました。

それをきっかけにして、「自分は男性として生きてきたけれど、そこにどこか違和感がある」「異性を好きでいたけれど、もしかしたら、同性も好きかもしれない」など、思った人もいるかもしれません。

そのなかで、「いや、男性のままかもしれないし、女性かもしれないし、その間かもしれない」「同性も好きかもしれないし、異性も好きかも、でもそうでない性も好きかもしれない」と、思った経験はありませんか?自分の性がまだ分からなかったり、決まらないでいる、と感じていませんか?

今回は、クエスチョニングという立場をご紹介します。

クエスチョニングとは?

たくさんの虹色の傘が開かれて、並んで吊るされている様子

クエスチョニング(Questioning)とは、「自身の性自認(自分の抱く性)・性指向(好きになる性)が決まっていない立場」を意味します。

「自分は男性なのか、または女性なのか、さらにはそのいずれでもないのか中間地点か……」
と、性自認が決まっていなかったり、

「自分が好きな性は男性なのか、女性なのか、そのいずれなのか、すべての性なのか、どの性でもないのか、そもそもその感情を抱かないか……」
という、性指向が決まっていない人もいます。

そういった人のことを、クエスチョニングといいます。

人によっては、性自認・性指向のいずれかが決まっていないこともありますし、または、その両方で性が決まっていない人もいるでしょう。

☆あわせて読んでおきたい!

性自認について詳しく知りたい方は

【「わからない」でもいいじゃない】「男性」「女性」だけじゃない、性自認って何?

性的指向について詳しく知りたい方は

【変わることもあるって知ってた?】「性的嗜好」じゃない!今きちんと知っておきたい「性的指向」とは?

性は決まらなくてもいい?

分岐するやじるしの上でどこに行こうか迷っている人のイラスト

さらに、「性が決まっていない」立場にも、「今なお決まっていない」人と、「自分の性は決まらないと感じている」人とに分かれます。

それは、クエスチョニングの考え方は、「性が決まっていない」「性がわからない」ことも、「性を決めない」ことも自然なものだ、と受け止めるからです。

たとえば、これまで自分の性を男性だと感じていた人が、あるタイミングで性自認に違和感を抱き、女性や中性(男性と女性のどちらでもある性)、無性(男性でも女性でもない性)などの別の性を見い出す途中にあることもクエスチョニングになります。

または、気分や時期などによって性指向が変わる立場もクエスチョニングです。つねに性が変わることも、あるタイミングで性ががらりと変わり、また異なるタイミングで性が変わることも、その人の性のあり方になるのが、クエスチョニングの立場です。

おわりに

木漏れ日に照らされている虹色のマグカップ

今回は、クエスチョニングという立場をご紹介しました。性はひとりひとりによって異なり、決まらないこともひとつの性になります。自分が生きやすい性を探すポイントのひとつに、クエスチョニングという立場があるかもしれません。

  • マガジンTOP
  • LGBT用語解説
  • 【用語解説】自分は男性?女性?ゲイ?レズビアン?自分の性は決めなくてもいい!クエスチョニングとは?
JobRainbow