トランスヴェスタイトとは?【トランスジェンダーやゲイとは違う?】

ライター: JobRainbow編集部
この記事のアイキャッチ画像

みなさんトランスヴェスタイトという言葉はご存知でしょうか。

この言葉は知らなかったとしても、「女装家」という言葉はマツコ・デラックスさんなどの有名人が肩書としてテレビで使用しているので、知っている方も多いのではないかと思います。実は、その「女装家」と「トランスヴェスタイト(クロスドレッサーともいう)」には深い関わりがあるのです。

そこで今回は、トランスヴェスタイトという概念についてご紹介します。

トランスヴェスタイトとは?

トランスヴェスタイトとは外見(服装、メイクの有無や髪型)に関して社会から求められる「女らしさ」や「男らしさ」への抵抗感を覚える人々です。

また名称に関してですが、トランスヴェスタイトはかなり学術的な呼称であり、上述したように「クロスドレッサー」と呼ばれることもあります。

「男なのに髪が長いなんて女の人みたい。女の人が髪を短くするとボーイッシュだね。」

「男がメイクをしたりスカートを履いたりするのはおかしい。女ならメイクをするのが身だしなみ。」

「女は女らしい格好をして男は男らしい恰好をするべき。」

こういった言葉を聞いた方や、場合によっては発した方も多いのではないでしょうか。

生物学的には女性または男性であるがゆえに、女性または男性だとみなされ、それに見合った格好をするように社会から要求されることにトランスヴェスタイトの人々は違和感を覚えます。

性表現とは?

頭部のみのマネキン

トランスヴェスタイトを語るうえで「性表現」について知っておくことは非常に重要です。

「性表現」とは所属する社会に応じて 表現したい性に応じた振る舞いや服装を選択することです。

【ケース①】
もって生まれた性→男性
性自認→男性
好きになる性→女性
性表現→女性

【ケース②】
もって生まれた性→女性
性自認→女性
好きになる性→女性
性表現→男性

ケース①では、好きになる性まではヘテロセクシュアルの男性と変わりませんが、「性表現」は女性であり、女性として社会で振舞うことを望んでいます。

ケース②では好きになる性まではレズビアンの女性と変わりませんが、「性表現」は男性であり、社会では男性として振舞い、そう認識されることを望んでいます。

性表現とは?LGBTを考えるうえで欠かせない基本概念!【オススメブランドもまとめてみました】

トランスヴェスタイトはトランスジェンダー?

トランスヴェスタイトは(広義の)トランスジェンダーと呼ばれるものに所属しています。この(広義の)トランスジェンダーには

  • トランスセクシュアル
  • (狭義の)トランスジェンダー
  • トランスヴェスタイト

がふくまれます。少し複雑ですが、同じ(広義の)トランスジェンダーに含まれるこの3タイプは必ずしも共通しているとはいえません。

トランスセクシュアル…自身の身体的性と性自認が一致していなかったり、場合によっては性別手術を終えた、または手術によって望む性への変更を望んでいるセクシュアリティです。

(狭義の)トランスジェンダー…性自認が周りからみられる性と異なります。自分は女性だと自認していながら、「男なんだから男らしくしろ」と言われて違和感を抱く、といった場合はこれにあたります。また、外科手術による性別の変更までは望まない場合もこちらに属します。

トランスヴェスタイト…性自認は大きな問題ではなく、例えば「男性らしい恰好」を周囲から求められる一方「女性らしい恰好」をしたい場合です。

ここでトランスヴェスタイトを理解するうえで大切なのは、性自認は他の2タイプに比べると重要な基準になっていないことです。

トランスヴェスタイトはあくまで性表現の際の性の流動性であり、そこにおいて重要なことは、当事者がどのような衣服、メイクや自己表現を用いて自身の性を表現したいか、社会生活の中で振舞いたいかです。

トランスジェンダーとは?「広義」「狭義」ってなに?【性同一性障害との違いとは】

トランスヴェスタイトを定義するうえで重要なこと2つ

ここで皆さんに前提として忘れないでいただきたいことがあります。

まずは、トランスヴェスタイト=同性愛者とは限らないということです。

例えば生物学的に男性の人が、社会から「男性らしい」恰好をすることを求められ、それを拒絶して女装をしていたとします。それが必ずトランスセクシュアルや(狭義の)トランスジェンダーであり、その人が「女性になることを望んでいる」とは限りません。また、同性愛者だとも断言できません。

つまり、異性装をしている=他の性になりたい・同性愛者であるとは限らないということです。

生まれ持った性とは逆の性の恰好をして、それに合わせて女性または男性らしい振舞いをすると、ついついその人はゲイ、レズビアンやトランスジェンダーの当事者であると考えられてしまいがちです。

しかし、一度お話ししたように、性表現の一種であるトランスヴェスタイトにおいては当人がどのような格好をすることを望むかが重要です。

洋服がたくさんかかったラック

これに加えてもう一ついえることは、トランスヴェスタイトの人々が常に異性装とは限らないということです。

これはトランスヴェスタイトの人々は必ずしも24時間365日異性装をしているわけではなく、特定の状況や空間にだけおいてすることもあるということです。

こうしてみると、性自認、ひいてはその人自身の生き方と結びつきの強いトランスジェンダーに比べて、トランスヴェスタイトと小難しい名前はついていますが、実際はもっと自由な自己表現の手段に近いと考えてみるといいかもしれません。

トランスヴェスタイトの有名人

皆さんがよく知っている芸能人にもトランスヴェスタイトの方はいらっしゃいます。

1. マツコ・デラックス

テレビでは常に女性の恰好をしており、恋愛の対象も男性であるなどトランスジェンダーだと思われてしまいがちなマツコ・デラックスさんですが、彼は自身をゲイであると公言しています。その一方、自身を「女装家」と評すなど、性自認は男性であるものの、「性表現」は女性であるトランスヴェスタイトの方であることがわかります。

2. ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ
引用:ソニーミュージックアーティスツ「星屑スキャッツ」

マツコ・デラックスさんとともにテレビで活躍されているミッツ・マングローブさんも、自信を「女装家」と評しており、トランスヴェスタイトの方であると考えられます。

なお、ネット上では「ミッツ・マングローブさんがゲイである」という情報は多いのですが、探してみると「ゲイである」と本人が言っている記事などは見当たりません。形に残っていないだけでどこかでカミングアウトしているのかもしれませんが、これはまさに「女装家=ゲイ」という前提がある証拠ではないでしょうか。

おわりに

布で顔を覆った人

衣服や見た目は自身のアイデンティティや個性を表現するうえでもっとも直接的に関係してきます。

自分自身で自覚しているよりも、私たちは性別に応じたイメージに縛られていて、その窓を通して他者をみようとします。しかし、本来は男性だけのものや女性だけのものというような決まりはなく、私たちの個性の数だけ多種多様に存在するのではないでしょうか。

参考文献

森山至貴『LGBTを読みとく』(2017)ちくま新書

検索

JobRainbow